<新型コロナが消えない理由!>

梅澤さんに、昨日電話をし、卓球の試合を9月まで延期してもらった。

新型コロナは、SARSやMERSの例から考えると、日本では、昨年末には消えてなくなると推定していたが、予測に反して消えなかった。

この事実は、韓国でMERSが流行し、感染を止めることができなかった2015年に比べて、日本人の体力が著しく低下していることを意味している。

新型コロナが中国で2019年に発生した後の老化のスピードが、驚くほど速くなっている。不思議なことに、老化が加速しているのに、気にしていない人が多いようだ。周りの人が同じように老化しているので、気にならないのだろう。僕自身は、自己治療と詰碁をしているため、かすかに若返りつつあるので、近所の人や友人がこの1年で急速に老化していることに驚いている。

息子は、自己治療はしないが、親子の経絡の連動で老化が進むことがないのと、詰碁を1日100問連続で正解しているため、ほとんど年を取らない。そのため周りの人が急速に老化しているのに驚いている。

脳の機能も連動して低下するので、息子の同僚のプログラミングのスピードは急速に低下し、今では、息子の半分位のスピードに落ちてしまっているようだ。この現象は、全国的に連動して起こっているようなので、プログラマーは、皆、能力の低下を感じていると推定している。女性は、老化を気にする人が多いので、1年前と比べると、息子に話しかける女性の数が増えているようだ。年を取らない秘密が知りたいのだろう。

脳の能力を含めた基礎体力が一定レベルを下回ると、新型コロナに感染すると推定しているが、全国的な老化の加速のため感染可能者数が増え続けているのが、新型コロナが消えない理由だ。

<ビタミンD3!>

息子は、詰碁の中級レベルが終りに近づいたころ、脳が経絡的に緩み始め、日常の行動にも変化が現れ始めた。ところが、ある日顔色が悪くなった。

息子は、皮膚が弱いので、幼児期から太陽光を浴びさせないようにしていた。それに加えて、自然主義的な考えがあるのか、ビタミンD3も飲んでいなかった。それで、味噌汁には、ビタミンDが豊富なキクラゲを入れるようにしていた。

息子の顔色を見て、ビタミンD3が足りないと直感したので、ビタミンD3を2000IU飲ませてみた。すると、30分もしないうちに顔色は元にもどった。念のため、その日にしたプログラミングをチェックさせると、絶対ミスをしない息子のプログラミングにミスがあった。脳はビタミンD3を必要としているのだ。脳の機能が上がるとさらに多くのビタミンD3を必要とするのだが、そのために太陽光を浴びると皮膚の老化が進むように、人間は進化している。

<ビタミンD3欠乏症と新型コロナ>

日本人は、紫外線を恐れている人が多い。農業人口も少なくなり、室内で働く人が多いので、ビタミンD3の欠乏症になっている人ばかりだ。新型コロナの感染が広がるにつれて、外に出て太陽の光をあびる機会が少なくなっていることも、脳の機能低下を加速させてている。新型コロナの感染が止まらないわけだ。

ウェブを見ると、1日300IUぐらいの量を推奨しているサイトが多いようだが、僕の研究では、毎日100問連続で英作文.netの問題を正解している人は、1日ビタミンD3を2000IU摂ることが必要になる。ビタミンDを日常の食べ物だけから摂取しようとしている人は、100問連続で正解をしても、脳の機能を上げるという観点からは意味がない。

卓球が強くなりたい梅澤さんには、毎日ビタミンD3を2000IU飲むようにアドバイスしておいた。彼は、ビタミンDは飲んでいるようなので、脳が必要なのはDではなく、D3だと説明した。また、新型コロナの感染が止まらないのは、ビタミンD3の欠乏症による脳の機能が低下が大きな原因だと推定しているが、ちょっと怖いので、実証実験はしていないことも付け加えておいた。

2021/3/30