must vs. have to

・「~しなければならない」という意味のときは、普通、"must"は使われず、"have to"が使われる。
・"must"を使っても英文として誤りではないが、権威的ニュアンスがあるため、使うのが避けられる。
・「~に違いない」と言う意味では、"must"と"have to"の両者が使われる。
・「~してはならない」という意味のときは、"must"が使われる。
・主観的な義務を示すときには"must"を使い、客観的な義務を表すときには"have to"を使うという使い分けは無い

[希]You must answer all the questions.
]You have to answer all the questions.
[希]You must realize that one day you will die.
]You have to realize that one day you will die.
[希]You must come and visit us again sometime.
]You have to come and visit us again sometime.
[希]I must introduce you to my brother.
]I have to introduce you to my brother.
[希]It's getting late. I really must go.
]It's getting late. I really have to go.
[希]I must call her tonight.
]I have to call her tonight.

]It must be true.
]It has to be true.

]You mustn't play in the street.
]You shouldn't play in the street.

・イギリス英語においては、主観的な義務を示すときには"must"を使い、客観的な義務を表すときには"have to"を使うという使い分けがあるため、"must"の使用頻度はアメリカ英語より高い。