目的を表す[to+動詞の原形 ]と[for+動名詞]

・目的を表す[to+動詞の原形 ]と[for+動名詞]の間には大きな違いはない。
・下記のように全く同じ意味で使われることもある。

[正]This is a knife for cutting bread.
[正]This is a knife to cut bread.
[正]The red button is for turning the machine off.
[正]The red button is to turn the machine off.

・両者の違いは、[for+動名詞]が一般的な事柄を述べるときに使われるのに対し、[to+動詞の原形 ]は具体的な事柄を述べるのに使われる。

[誤]I need medicine for curing my headache.
[正]I need medicine to cure my headache.

・上記の文は、極端なケースだが、[to+動詞の原形 ]を使うか[for+動名詞]使うかによって、ニュアンスが異なることは少なくない。
[正]I have a book to read on the train.→自分が読む本を持っている。
[正]I have a book to be read on the train.→読まなければならない本を持っている。(受動態)
[正]I have a book for reading on the train.→自分あるいは他の人が読む本を持っている。
[正]I need a knife to cut the bread.→今パンを切るナイフが必要だ。
[正]I need a knife for cutting the bread.→パンを切るナイフが必要だ。

目的を表す[to+動詞の原形 ]と[for+動名詞]の関連項目