「おっしゃる通りです。脳の模型を作って動体視力の変化を確認できたら、脳の模型に軟膜を加えて、動体視力の変化をチェックします。」

「なるほど。それなら、軟膜を緩めた効果がチェックできますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「しかし、軟膜の可動性はチェックできないのではないですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。軟膜の可動性が上がると言ったのは、『人間の臓器は、可動性が上がると機能が上がり、可動性が低下すると機能が下がる』という仮説に基づいて推定しています。」

「なるほど。先ほど言われた『神経系が緩む』というのも、神経系の模型を作って実験しているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「話が横道にそれてしまいましたが、『頭の皮膚の可動性は脳の軟膜の可動性と連動していて、頭の皮膚の可動性がなくなると軟膜の可動性がなくなり、鬱になる』ということは理解できました」と町会長。

「『肝機能が低い人は風邪を引いて肺の機能が低下し、経絡の連鎖で腎虚から肝虚になったとき、頭部の筋肉が委縮して頭の可動性が低下します。さらに経絡の連鎖で心機能が低下したとき、心臓を防御する反応として起こる脾虚によって、頭の皮膚の可動性がなくなると鬱になってしまう』ということはご理解いただけたということですね。」

「おっしゃる通りです。そう考えると、確かに、人間の鬱は心臓防御反応と呼ぶべきものですが、猪の場合は、心経が虚しているのではなく、督脈が虚しているのですよね」と町会長。

「鋭いご指摘です。僕も、この点については頭を振り絞って考えました。ヒントになったのは、先ほど話したように、うり坊は三焦虚だということと、猫は三焦虚で鬱になってしまいますが、子猫は経絡的な問題がないということです。」

「ウリ坊は三焦虚なので子供の時から鬱で、成長すると酷い鬱になるということでしたね」と町会長。

「そういう可能性はあると考えていました。しかし、うり坊は成長した猫と違って、頭が固まっていません。」

「ネコは肺の機能が弱いため、経絡の連鎖で腎臓の機能が低下し、その結果頭蓋骨が固くなってしまうということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。子猫には経絡的な問題がないと言いましたが、注意深くチェックすると、三焦経の気の流れが弱いという特徴があります。三焦経は薬指から出ているので、爪が固いため、三焦経の気の流れが弱くなっているのだと思います。うり坊の場合は、蹄なので、子供の時から三焦経の気が止まってしまっているのでしょう。」

「なるほど。それでは、子猫が成長して爪が固くなると、うり坊のように三焦虚になってしまうということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。猫は肺が弱いので連動して腎臓の機能が急速に低下します。すると、骨が腎経に属しているため、頭蓋骨を含めた骨全体が固くなりますが、督脈に気が流れないという状態までは行かないのだと思います。しかし、成長とともに三焦経が出ている薬指の可動性が低下すると、小指の内側から出ている心経の可動性が低下して、心機能が低下し、脾虚によって頭の可動性が低下して、軽い鬱になるのだと思います。」

「それでは、猫の場合は、頭蓋骨の可動性がわずかにあるのに鬱になるということですか」と町会長。

「おそらく、イノシシのように督脈が完全に虚すようになると、脳の機能の低下で死んでしまうのだと思います。それで、督脈が虚した猫がいないのでしょう。」

「督脈が虚しても猪が死なないのは、どうしてですか」と町会長。

2019/12/28