「肺の機能を上げるには、サーブが100本入るまで練習するのが一番効果的であるということなのですね」と町会長。

「卓球をやっている人の中に、『サーブが100本入るまで練習したことがあるが、肺の機能が上がった感じがしなかった』という人がいるはずです。」

「サーブのやり方にポイントがあるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。昔は、バック側からサーブをする人が多かったのですが、世界卓球などの動画を見てもフォア側からサーブをする人ばかりです。たまにバック側からサーブをする人もいますが、たいていカットマンです。」

「もしかして、フォア側からサーブをする練習をしても、肺の機能は上がらないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「バック側からサーブをする以外に注意をすることがありますか」と町会長。

「バックからサーブをしさえすれば、どんなサーブでも問題はありません。サーブが入らなくなったときに思いついた、へなちょこサーブでも肺の機能は上がりました。」

「なぜバック側からサーブをすると肺の機能が上がるのですか」と町会長。

「バックからサーブをすると、なぜ肺の機能が上がるのかについては分かっていません。肥田式では、左右の手を思い切り広げようとしますが、バックからのサーブも左右の手を広げようとします。多分、両手を広げようとする動作が肺の筋肉を緩めるのではないでしょうか。」

「なるほど。それでは、なぜフォア側からサーブをする人が多いのですか」と町会長。

「バックからサーブをするより、バック側に立ってフォア側からサーブをし、フォア側に移動して攻撃した方が有利だからです。」

「どうして有利なのですか」と町会長。

「サーブをした直後にフォア側に移動すると、レシーバーがその動作を見ることになります。サーバーの動きを見るという動作が脳の負担になって、レシーバーの動体視力が落ちるためです。」

「若い人は肺の機能を上げることより、勝負に勝つことが重要だということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「しかし、サーブをした後フォア側に移動するという動作が脳の負担にならないのですか」と町会長。

「サーブの練習量が足りない人は負担になりますが、サーブを打つ動作が意識しないでできるようになるまで練習すれば、脳の負担は小さくなり、結果として、レシーバーの脳の負担の方が大きくなります。」

「なるほど。」

2020/2/3