「卓球の強さが動体視力に関係しているからですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。両親が子供の頃亡くなるようなことがあれば、影響はないのですが、両親が健在だけでなく、おばあちゃんも健在な場合が多いと思います。」

「そういう場合、おばあちゃんの動体視力が低下すると、両親のどちらかの動体視力が低下し、その影響で子供の動体視力が低下してしまうということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。陰陽が分かる家系の場合、おばあちゃんが加齢のため陰陽が分からなくなり、陰の物を食べたり、身に着けたりすると、親や20歳以上の子供の動体視力の低下が極めて大きくなります。」

「なるほど。陰陽が分からない家系の場合、おばあちゃんが加齢のために動体視力が低下しても、両親や20歳以上の子供の動体視力の低下は大きくならないのですか」と町会長。

「やはり大きくなりますが、陰陽が分かる家系ほど大きくはありません。親子の経絡の連動性は、親から子への連動性があるだけでなく、子から親への連動性もあり、親子の経絡の連動によりスパイラル的に老化が進むようになっています。」

「動体視力だけでなく、老化が親子の連動性でスパイラル的に進行してしまうのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。成長期の子供の老化が進んでいることには誰も気がつきませんが、実際には経絡的な老化が進んでいます。」

「成長期の子供の老化に気がつかないのは、成長期には体力や知力が伸びるためなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。その結果、恐ろしいことが起こっています。」

「親子の経絡の連動性で、恐ろしいことが起こっているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。世代が交代するにつれて、体力も知力も低下していきます。」

「生活が便利になっているので、体力は低下しているかもしれませんが、知力は低下していないのではありませんか」と町会長。

2020/2/5