「ところで、WHOが新型コロナウイルスが世界に及ぼすリスクは中程度と発表した翌日から、サーブが連続で100本入るまで練習し始めたのは、どうしてですか」と町会長。

「英語のウィキペディアに『2013年にイノシシがフランスから英国領のオルダニー という島まで11キロ泳いだという記録がある』と書いてあるのを読んでショックを受けたせいかもしれません。」

「猪が11キロ泳いだショックで、新型コロナウイルス対策をしたということですか」と町会長。

「そこまで単純な話ではありませんが、猪が11キロ泳いだショックが関係しているのは確かです。先ほど、経絡が親子で連動しているということをお話ししましたが、人間の脳が発達した原因が親子の経絡の連動性だと考えています。」

「経絡が親子で連動しているために、脳が進化したということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。経絡が親子で連動しているため、子供の脳の能力は低下してしまいます。」

「必ず低下するのでしょうか」と町会長。

「おっしゃる通りです。経絡的進化や生物学的進化がなければ、必ず低下します。」

「経絡が親子で連動しているということを、どうやって確認したのですか」と町会長。

「先ほど話したように、腎の治療で、僕の動体視力が上がると、息子の動体視力が上がることで気がつきました。僕の場合は、30年間1日も欠かさずに腎の治療をして来たので、こういうことが起こったのですが、普通は、全く逆のことが起こります。」

「親の動体視力が低下するのにつれて、子供の動体視力が低下するということですか」と町会長。

「おっしゃるような単純な関係であれば、気がつく人が多いはずなのですが、子供の動体視力は脳の発達に伴い、6歳ごろから発達し始め、18~20歳ぐらいでピークに達するため、子供が20歳をすぎないと、親子の経絡の連動性は確認できないのです。」

「なるほど。成長期の場合、体や脳が発達するため、経絡の連動性による低下は起こっているが気がつかないということですね。」と町会長。

「おっしゃる通りです。例えば、両親が25歳のときに結婚したとすると、子供が20歳になると両親は45歳です。」

「なるほど。先ほどの話から計算すると、両親は20歳のときと比較すると、腎臓の機能が25パーセント低下しているのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「腎臓の機能が低下すると、肋骨が固くなるだけでなく、頭蓋骨も同様に固くなるということですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。町会長のお考えのように、頭蓋骨が固くなると脳の可動性が低下して、動体視力が低下します。」

「すると、親子の経絡の連動により、子供の動体視力が低下してしまうのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。卓球で全日本に出場している方には非常に大きな問題になります。」

2020/2/4