「2つともアカカワイノシシというアフリカのギニアやコンゴ盆地の熱帯雨林に生息するイノシシでした。」

「アカカワイノシシは、皆、三焦経が虚しているのですか」と町会長。

「2匹とも三焦経が虚していたので、もしかして、そういうこともあるのかと思って、『アカカワイノシシ』で画像検索をしてみたら、すべて三焦虚でした。」

「それでは、中国の猪よりアフリカの猪の方が体力があるということですか」と町会長。
「経絡的には、そういうことになります。」

「それでは、進化の時系列的にもアフリカの猪の方が中国の猪より古いタイプで、アフリカの猪より中国の猪の方が頭が良く、中国の猪より日本の猪の方が頭が良いということになるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「しかし、ウィキペディアには、始めはユーラシア大陸にのみ分布していたと書いてあるのですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「アフリカはユーラシア大陸にはありませんよね」と町会長。

「僕も変だと思ったので、イノシシ科について、pdfファイルだけ検索して調べてみたら、イノシシがアフリカの発祥だという説もありました。経絡的観点からは、アフリカ発祥説が正しいことになります。」

「ウィキペディアも間違っていることがあるのですね」と町会長。

「後でウィキペディアのイノシシ科の記事をチェックしたら陰でした。記述に間違いがあることは確かですが、発祥地に関する記述が間違っているのが原因で陰になっているかどうかは確認していません。」

「画像検索をしたとき、アカカワイノシシとウリ坊以外は督脈が虚していたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。日本のイノシシは画像で見る限り、皆、顎関節症ですが、中国のイノシシは顎関節症ではありません。」

「ウリ坊も顎関節症なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。親子には経絡の連動性があるので、祖先に顎関節症になったイノシシがいると、うり坊は顎関節症になってしまいます。顎関節症だと頭の可動性が悪化しますから、日本のイノシシの方が中国のイノシシより強い鬱になります。」

「それでも生活できるように潜在的に脳が進化した猪がいて、雪が降る環境でも生き残ったのが日本の猪ということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ミミズを猪が食べると三焦虚になるということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「三焦虚になるということは鬱の状態が改善するということですから、ミミズは猪が鬱を改善するのに必要ということになるのですか」と町会長。


2019/12/30