「それでは、間違いなく、武漢疾病予防コントロールセンターからウイルスが流出したことになりますね」と町会長。

「実は、この論文は削除されてしまっていて確認することができません。」

「信憑性がないのですか」と町会長。

「実を言うと、この論文には疑問を感じています。」

「どうしてですか」と町会長。

「グーグルで調べると華南理工大には肖波濤という名前の教授がいます。しかし、研究員1人が感染したことで、SARSr-CoVが4パーセントの変異を起こしたということが考えにくいからです。」

「しかし、肖波濤教授が実在するとなると、研究員が感染したときに変異している可能性があるのではではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、コウモリに攻撃された研究員の体内でSARSr-CoVが増殖したとき、4パーセントの変異が生じたという可能性より、武漢疾病予防コントロールセンターが研究中の4パーセントの変異があるSARSr-CoVが管理ミスで広がった可能性の方が高いと思います。

アメリカの高官が新型コロナウイルスの感染が始まったばかりのときに『中国のウイルス研究所の管理が甘かったのではないか』と指摘した記憶があります。」

「SARSr-CoVを生物兵器として使うために、武漢疾病予防コントロールセンターが4パーセントの変異を起こした可能性があるのですか」と町会長。

「産経新聞には『中国外務省の耿爽報道官は20日、ウイルスが「実験室から流出した」「生物兵器として開発された」などとする説について「世界の著名な専門家たちは全く科学的根拠がないと認識している」と述べている』と書いてあります。」

「それでは、SARS-CoV2が生物兵器として開発されたと考える人がいるということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。MIT Technology Reviewによると、SARS-CoV2の遺伝子塩基配列のデーターを見ただけで、本物の生きているSARS-CoV2を作れる会社があるのですから、先進国ならどこの国でも、SARSr-CoVを遺伝子操作して感染力が強いものを作ることが可能だと思います。」

「先進国ならどこの国でも作れるほど簡単なのですか」と町会長。

「2005年にアメリカのCDCの研究員が百年前に数千万人が死亡したインフルエンザウイルスを作っていますから、15年経った現在では、日本でもSARSr-CoVを遺伝子操作して感染力が強いものを作る研究をしているはずです。」

「なるほど。SARSr-CoVから感染力の強い生物兵器が作られる可能性が高いとすれば、非常事態に備えて、ワクチンを作る研究をしなければなりませんね。もし、日本が何もしていないとすれば、政府は平和ボケしていたということになりますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「アメリカの高官が感染初期に『中国のウイルス研究所の管理が甘かったのではないか』と指摘したのは、中国でも当然SARSr-CoVの研究はしているという常識的な判断に基づいて指摘したということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/2/29