「陰のラケットと陰のラバーでも肺の機能は上がっていたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。陰の本と写真を全て破って、焼却したためだと思います。息子の場合は陰の本を500冊くらい持っているので、陰のラバーを張った陽のラケットでは肺の機能が上がりませんでした。」

「陽のラケットと陽のラバーにすると、どういう変化が起こるのですか」と町会長。

「陽のシェークハンドのラケットに陽のラバーを張ると、顔と頭の皮膚が緩みます。」

「裏表に陽のラバーを張ると、先ほど話されたアナロジー的な体の変化が起こって、顔と頭の皮膚が緩むのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。仕事で日本製の陰のラバーを張っていると、頭の毛が薄くなるのが早くなったり、皮膚が弱くなったりするはずです。」

「陰のラバーを張って、顔と頭の皮膚が固くなると、皮膚が弱くなるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。皮膚は全て連動しているので、顔と頭の皮膚が固くなって可動性が低下すると、全身の皮膚の可動性が低下し、皮膚の老化が進んでしまいます。」

「陽のラケットでサーブを100球連続で入れると、体にどういう変化が起こるのですか」と町会長。

「僕の場合は、腎の治療で肋骨が緩んできていたこともあって、肺に気が流れ始めました。」

「どうすれば、肺に気が流れたことが分かるのですか」と町会長。

「胸部に手を当てると、肺が縦軸を中心にして、左右交互に揺れるようになるので分かります。」

「誰でも分かるのですか」と町会長。

「カイロプラクティクに似たオステオパシーと言う治療法をマスターした人なら、簡単に分かります。普通の人が分かるかどうかについては調査したことがありません。微妙な動きなので、分かる人と分からない人がいるのではないでしょうか。」

「500冊ほど陰の本を持っている息子さんの場合は、どうだったのですか」と町会長。

「陽のラケットと陽のラバーにしたら、わずかに、肺の機能が上がりだしました。本人とすれば、胸部が大きく変化したという感じだと思います。」

「わずかに、肺の機能が上がっただけなのに、胸部が大きく変化したと感じるものなのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。人間は、体が縮んで、内臓が機能低下し、老化して、死ぬ方向に変化するときには、普通、何も感じません。ところが体が緩んで、内臓の機能が上がり、若返る方向に変化するときは、違和感を感じたり、大きな変化を感じるように進化しています。」

「それでは、サーブの練習をして、思い切り胸部が緩んだと思っても、実際には、ほんのわずかしか良くなっていないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕の人生は、その繰り返しでした。ここまで大きく変化すれば、若返るだろうと毎日思いましたが、実際は、両親の老化に連動して、老化が進み、鏡を見たら80代と思われても不思議はないような顔になっていました。」

「それでは、右手で100本サーブが入って、胸部が驚くほど変化したと思っても、油断をしてはいけないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。左手でサーブをする練習も、最初の2、3日は素振りを30回するだけでいいのですが、慣れたら実際にボールを打って30球連続で入れるようにしないと、肺に気は流れません。」

「息子さんは、左手でボールを実際に打って、30球連続で入れても、肺に気が流れなかったのですか」と町会長。

「実際に30球連続で入れると、驚くほど肺が変わったと感じはしたようですが、気は流れませんでした。肥田式もやっていましたが、肺に気は流れませんでした。」

2020/3/4