「サーブを100球連続して入れようとしているときに、3球目攻撃の体勢を取れば、肺の気が流れやすいということでしたが、それでも、肺に気が流れない場合は、マニアックな練習をするか、詰碁の練習をするかのどちらかということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。いずれにしても、練習に時間がかかり、大変です。」

「詰碁はしたことがないのですが、100問連続で正解するのに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか」と町会長。

「僕は有段問題を1時間ぐらいでできますが、息子は初級問題をやるのに3時間ぐらいかかるようです。」

「息子さんは、何級ぐらいなのですか」と町会長。

「実は、僕自身、囲碁は数えるほどしか打ったことがないので、息子のレベルを判断することはできません。しかし、最強の囲碁というソフトと対戦すると、2段としてなら勝てるようですが、3段としては勝てないようです。」

「それでは、初心者が詰碁を100問連続で解くということは不可能ではありませんか」と町会長。

「方法はありますが、100問連続で解けるようになるまでに、膨大な時間がかかります。それで、囲碁ではなく、卓球をお勧めしました。」

「渡辺さんは、有段問題を、毎日、200問連続で解いているのでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。朝食を食べる前に150問解くようにしています。」

「朝食を食べる前に150問ですか。よほど囲碁が好きなのですね」と町会長。

「囲碁を打ちたいという気持ちより、囲碁の対局は時間がかかるので、避けたいと思うタイプです。」

「それでは、なぜ詰碁を、毎日、200問連続で解いているのですか」と町会長。

「小脳が経絡的に思い切り機能低下してしまっているので、緩めなければ、若返りが不可能だと分かったからです。」

「渡辺さんの小脳は、そんなにひどく機能低下しているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。腎の治療をしても、肥田式をしても、サーブの練習をしても、それに反応して体を変化させるのは小脳です。小脳がダメになってしまうと、若返りは不可能です。」

「詰碁は、小脳の機能を上げることができるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。卓球はマニアックに練習すると、肺の機能が上がり、経絡の連鎖で腎臓の機能が上がります。その結果、腎経に属する頭蓋骨が緩んで、動体視力が上がります。ところが、詰碁は、直接、脳を緩めることができます。脳を経絡的に緩めるのが目的であれば、詰碁以外には考えられません。」

「なるほど。若返りたいのであれば、毎日、詰碁をやるしかないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。人間の小脳は経絡により、限界的な機能低下をしています。」

「それでは、僕の小脳も限界的な機能低下をしているのでしょうか」と町会長。

「おっしゃる通りです。人間は自分の脳が機能低下しても、脳が機能低下したことに気がつかないように進化しています。」

「記憶力が低下したのには、気がついていますが」と町会長。

「確かに、記憶力の低下だけは気がつく人が多いようですが、思考力の低下や判断力の低下には気がつかない人がほとんどです。自分の思考力や判断力を判断するのは、自分の思考力と判断力ですから、それが低下すると正しい判断はできません。」

「それでは、小脳が機能低下しているために、誰も若返ることができないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。毎年1歳確実に若返ることができれば、不老不死です。しかし、120歳を超えた人は1人しかいません。」

「それでは、囲碁には不老不死になる可能性があるのですか」と町会長。

「可能性があるのは囲碁だけなので、毎日200問解いていますが、その結果、どうなるかは分かりません。30年間失敗の連続でしたから、自信は全くありません。」

「他に方法が考えられないので、詰碁をやっているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕が時間を費やしているのは、卓球でも肥田式でもありません。詰碁です。小脳の機能が上がれば、練習しなくても、卓球は強くなります。しかし、小脳が緩まなければ、いくら練習しても限界があります。」

2020/3/31