「幼児や小学生が新型コロナウイルスに感染しにくいのではなく、感染しても症状が軽い風邪程度なので病院に行かないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。経絡的観点からは、幼児や小学生は体が柔らかいので、原初的な免疫力が高いと考えられます。そのため感染しても症状が軽いというのは、間違いないと思います。病院に行かないレベルの症状であれば、アメリカのCDCでも、実際の感染状況を把握するのは難しいと思います。」

「天才系の子供は、肺に気が流れていない場合が多いということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。アメリカでは、天才系の子供を含めて、死亡例はないようです。中国からのレポートも同じ傾向を示していますが、新型コロナウイルスで死亡したのに、他の原因で死亡したことになっている場合があるかもしれません。」

「子供の肺に気が流れていれば、安心だということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。気管支に気が流れて入れば、もっと安心です。」

「肺に気が流れていても、気管支に気が流れていないということがあるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。例えば、息子の場合、陰の本を500冊ほど持っているため、卓球と肥田式で、肺が緩みはしましたが、気は流れませんでした。その頃は、陰の本とゲームで脳の機能が低下しているため、詰碁を毎日100問連続で正解して、それ以上脳の機能が落ちないようにしていました。」

「500冊の陰の本を処分するより、詰碁を毎日100問連続で正解する方を選んだということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕の友達も、肺の気が完全に止まっているのに、分解写真が載っている500冊ほどのスキーの雑誌を処分しようとはしません。処分したら2度と手に入らない、貴重な雑誌だと思っています。」

「高齢者で、肺の気が止まっていれば、感染して死ぬ可能性が高いのに、スキーの雑誌を処分しないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕の友達は、スキーが1級で、人にも教えるので、スキーの雑誌に対するこだわりが強いのです。僕が知っている限り、どんな人でも、その人特有のこだわりで、陰の物を持っています。」

「僕だけでなく、どんな人も死ぬための用意をしているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕が知っている限り、本気で長生きしようとしている人はいません。」

「ところで、息子さんのは肺はどうなったのですか」と町会長。

「平日は、1日130問くらいが限界なので、土日に1日200問ほど解くようになりました。すると、卓球のサーブの練習の後に肺に気が流れるようになりました。」

「それは良かったですね。詰碁と卓球で肺に気が流れるようになるのですね」と町会長。
「おっしゃる通りです。」

2020/3/23