「将棋は陰のゲームなので、脳の機能低下が早くなるため、超天才的な人でないとプロの棋士にはなれないということですね。それでは、肺に気が流れていない人が将棋をするのは、寿命を縮めることになるのですか」と町会長。

「肺に気が流れていても、寿命を縮めることになります。」

「それでは、肺に気が流れない人は、陽のゲームの詰碁をするしかないということですか」と町会長。

「必ずしも、そうとは言えません。陰の物を全て処分すれば、卓球でも肺に気が流れるようになるし、陰の物を持っていても、サーブの練習の仕方を工夫すれば、肺に気が流れるようになると思います。」

「どういう練習をすればいいのでしょうか」と町会長。

「卓球の選手がやっているように、サーブをした直後に3球目攻撃ができるような体勢を取れば、肺に気が流れやすくなります。」

「フォアからサーブを出す場合、卓球台の外側に立ってサーブを出し、その直後に、フォア側に動いて、レシーバーからの返球を攻撃しようとするようですが」と町会長。

「バックからサーブをする場合、ホームポジションに近いところに立っていますから、サーブした直後に、少し後ろに移動すれば、十分です。」

「ホームポジションと言いますと?」と町会長。

「立ち位置のことです。例えば、右利きの人は、右側の方が守備範囲が広いので、右側を広く開け、左寄りに立ちます。」

「どこにボールが返って来ても、攻撃できるような位置に立つのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。実際には、攻撃できないことが多いのですが、考え方としては、そういうことです。」

「どうして、少し後ろに移動するのですか」と町会長。

「梅澤さんのように、必ずエンドラインから10センチ以内に返球する人がいるからです。サーブを打った位置にいると、後ろに下がりながら返すことになるので、強い球を打つことができません。」

「なるほど。どのくらい下がればいいのでしょうか」と町会長。

「サーブによって、返ってくるボールが違うし、人によって攻撃の仕方も違うので、一概には言えません。とりあえず、半歩ほど下がれば、足が緩むので、肺に気が流れやすくなります。」

「なるほど、サーブをした直後に3球目攻撃ができるような体勢を取ると、足が緩むので肺に気が流れるようになるのですか」と町会長。

「3球目攻撃ができるような体勢を取れば、肺の緩み方は大きくなりますが、気が流れる人と流れない人がいると思います。」

「3球目攻撃ができるような体勢を取っても気が流れない場合、まだ、方法はありますか」と町会長。

「さらに効果がある方法はありますが、マニアックで、難しくなります。例えば、反対側の卓球台に的をおいて当てるようにすれば、さらに効果が上がるし、反射板を使って、フォアやバックで100球連続して打つ練習をすれば、肺の気が流れるだけでなく、腎の気も上がり、頭部も緩みます。」

「なるほど。頑張れば、卓球だけで肺に気が流れるようになるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/3/27