「猪が死なないのは、厳しい自然淘汰がかかって脳の機能が進化したためだと思います。」

「厳しい自然淘汰がかかると脳が進化するのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。先ほど、人間も哺乳類が発生したときからの潜在的進化の蓄積があるので、淘汰の圧力が加われば進化するということを話しましたが、イノシシも哺乳類の祖先が発生したときからの潜在的進化の蓄積があるので、淘汰の圧力が加われば進化します。」

「草むしりを徹底的にやると、カタバミの葉が緑から茶色に進化したのと同様に、イノシシにも進化が起こって督脈が虚しても死ななくなったということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。淘汰に対する潜在的進化が不十分であれば、絶滅することになります。」

「猪にどのような自然淘汰がかかったのでしょうか」と町会長。

「具体的には分かりませんが、多細胞生物が現れたと言われる6億2000万年前から現代までの間に、様々な生物が同時に絶滅する大量絶滅が5回あったと言われています。大量絶滅が起こると絶滅した生物のあとを埋めるように新しい生物が大量に現れます。」

「なるほど。それでは、白亜紀が終ると中生代から新生代に変わるのは、大量絶滅があったからですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。化石の研究で生物の種類が大きく変わる所で時代区分がされています。イノシシの祖先が現れたのは新生代だと言われています。」

「新生代というと6500万年ほど前から現代までの間ですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアによると3800万年前ごろ始まる新生代始新世に現れたようです。」

「それでは始新世の前に大量絶滅が起こり、イノシシの祖先が現れたということですか」と町会長。 

「おっしゃる通りです。ウィキペディアによれば、現在のイノシシの直接の祖先は、2300万年ごろ始まる中新世にはユーラシア大陸にのみの分布していたということです。それで、"Chinese boar"で画像検索してみたら、三焦虚のイノシシの画像がたくさん出てきます。」

「督脈が虚したイノシシの画像はないのですか」と町会長。

「督脈が虚したイノシシの画像もたくさんあります。」

「しかし、日本語で検索したときには、督脈が虚した猪ばかり出てくるのですよね」と町会長。

「実は、トップページに三焦経が虚しているイノシシの画像が2つありました。」

「日本の猪なのですか」と町会長。

2019/12/29