「僕は2歳のとき肺炎で死にそうになったため、肺の機能が弱いので、写真は全て処分し、陰の本も全て処分しました。また、ビオチンも毎日飲んでいるし、皮膚も馬毛ブラシで、入浴時にこすっています。そして、サーブを100球連続で入れる練習を毎日して、肺の機能を上げています。詰碁でも肺の機能があがるので、息子にやらせているだけでなく、僕も毎日200問連続で正解できるように頑張っています。これでダメなら仕方がないと思っています。」

「写真を全て処分しなければならないのですか」と町会長。

「処分しなければならないのは、陰の写真だけです。スマフォとかウェブ上に保存してある画像も処分しなければなりません。」

「しかし、卒業式の写真や結婚式の写真は陰ですよね」と町会長。

「僕は、肺に気が流れていなかったので、陰の写真は全て破って燃やしました。」

「肺に気が流れていれば、陰の写真を破って燃やす必要はないのですか」と町会長。

「肺に気が流れていれば、肺の原初的な免疫力が高いので、感染はするかもしれないけれど、肺炎で死ぬ可能性は低いと思います。」

「肺に気が流れていない人って、どのくらいいるのでしょうか」と町会長。

「僕も気になったので、『日本人』で画像検索してみると、トップページに現れる日本人の画像の2割弱くらいの人の肺に気が流れていません。」

「肺に気の流れていない人が2割もいるのですか」と町会長。

「『高齢者』で画像検索すると、日本人の場合、肺に気の流れていない人ばかりです。」

「それでは、僕の肺にも気が流れていないのでしょうか」と町会長。

「町会長の肺には、立派に気が流れています。もしかして、写真嫌いなのではありませんか。」

「おっしゃる通りです。」

「もしかして、卓球が好きなのではありませんか。」

「おっしゃる通りです。子供のときから毎週やっています。」

「もしかして、毎日乾布摩擦をしているのではありませんか。」

「おっしゃる通りです。」

「もしかして、肺炎になったことがないのではありませんか。」

「おっしゃる通りです。」

「そして、お子さんがいないのですよね」

「おっしゃる通りです。子供がいないと、経絡の連動性で肺の機能が低下するということはないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。子から親への影響は、親の体が経絡で固くなってしまっているため、比較的小さいのですが、子供が重症の肺炎になると、大きな影響が出てきます。」

「新型コロナウイルスに感染したとき、高齢者が全員死ぬということではないようなので、肺に気が流れていれば、安心と言うことでしょうか」と町会長。

「おっしゃる通りです。他に持病がなければ、死ぬことはないと思います。」

「若い人の中にも、肺に気が流れていない人はいるのでしょうか」と町会長。

2020/2/14