「ところで、潜在的な強度の鬱だと、なぜ肺に気が流れない人が多くなるのですか」と町会長。

「心臓の機能が低下すると、経絡の連鎖で脾経が虚し、連鎖して肺経が虚すためです。」

「なるほど。それで天才系の人は肺が弱いのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。心機能が低下して、脾経が虚すと、心臓を防御するために、全ての経絡が瞬時に虚すようになっていますが、肺経だけ特別に大きく虚すようになっています。」

「なるほど。経絡の連動性から、親の肺の機能が低下していると、子供も肺の機能が低下しているということになるのでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。それだけではなく、代々肺が弱いので、祖先に肺炎になった人がたくさんいると推定されます。」

「それでは、天才系の人は、祖先からの経絡の連動性で、肺が極端に弱いことになりますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。皮膚が肺経に属するので、皮膚が弱い人が多いと思います。」

「それでは、天才系の人は、卓球の練習が欠かせないことになりますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。マスクは自分がコロナウイルスに感染したとき、拡散するのを防ぐには効果を発揮しますが、自分がコロナウイルスに感染しないようにするには、極めて不十分です。」

「検疫官が感染しているのですから、どうにもなりませんね」と町会長。

「おっしゃる通りです。電車やバスの中、職場や学校では、どうしても濃厚接触は避けられません。目から感染するので、ゴーグルをしなければ感染してしまいますが、1日に2,3回使い捨てられるような安価なものは出ていません。」

「マスクや手袋なども行き帰りに同じものを使ってはいけないのですか」と町会長。

「ポケットなどにマスクを入れれば、ポケット内がコロナウイルスだらけになる可能性があります。1回外したら、破棄するしかないと思います。感染症に悩まされる外科医は、1日10回ぐらいマスクを取り替えるそうですよ。」

「マスクで防護するのも難しそうですが、ゴーグルは不可能ですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。それだけではありません、中国政府の衛生当局が13日に、一部の患者に初期の症状として下痢などがあり、患者の便から新型コロナウイルスを検出したことを明らかにしています。」

「一部の患者の便だけに、新型コロナウイルスがいるのでしょうか」と町会長。

「これは、控えめな言い方だと思います。」

「控えめな言い方と言いますと?」と町会長。

2020/2/20