「心臓神経症というのは、胸痛や動悸、呼吸困難、息切れ、不眠などの症状があり、胸部に痛みを感じるので狭心症かと思って、心臓の検査をしても異常が見つからないというのが典型的な症状です。」

「なるほど。胸痛や動悸、呼吸困難、息切れ、不眠などの症状が、肝機能を上げて心機能を上げると、改善するのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。先ほど、うつ病の人は交感神経が亢進して神経が過敏になるため、普通は感じないような痛みや不快感を感じるようになると言いましたが、心臓神経症の人も心機能の低下によって交感神経が亢進し、胸痛や動悸、呼吸困難、息切れ、不眠などの症状を感じるということです。」

「肝機能を上げて心機能を上げると、心臓神経症の症状が改善するのでは、心臓神経症の原因は心機能の低下ということになりますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。肝機能を上げて心機能を上げると、心臓神経症の症状は、普通、2、3回の治療で治りましたが、たまに、腰痛とか不眠症がすぐには治らないということがありました。」

「それでは、10人中9人ぐらいは、心臓神経症の症状が改善したのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。それで、天才系の人の脳が特別な進化をしているために鬱の症状が出ないという仮説を思いつきました。」

「なるほど。頭の回転が速ければ、精神的な問題は脳が瞬時に解決し、鬱の症状が出ないということなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「イノシシは鬱がひどいために、線的な行動をするということでしたが、天才系の人が線的な行動をするということは聞いたことがありませんが」と町会長。

「天才系の人は潜在的な強い鬱ですが、イノシシの線的な行動はしません。しかし、鬱の人の特徴は少しでも嫌なことはできないが、好きなことは問題なくできるという特徴があります。」

「それが天才系の人の特徴なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。天才系の人は、強い鬱であるだけでなく、頭の回転が速いので、好きなことはどこまでもやるという特徴があります。」

「好きなことは、普通の人ができないようなことまで、やってしまうのが天才系の特徴なのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、猪の線的な行動は、人間がいるところを襲撃してミミズを食べるのが好きなので、線的な行動までするということですか」と町会長。

「僕もそう考えてはいるのですが、残念ながら、イノシシに聞いて確かめることができません。」

「しかし、鬱の猪は、人間がいるところを襲撃してミミズを食べるのが好きだが、不安を感じるようなことができないと考えれば、襲撃時に線的な行動をすることが説明出来ますよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/2/19