「なるほど。他に、早く肺に気が流れるようにする方法はありませんか」と町会長。

「陰の物を全て処分すれば、極めて速く肺の機能は上がりますが、僕が知る限り、そういうことができる人は一人もいません。そんなことができるのであれば、人は150年は生きられるとはずです。しかし、120歳を超えた人は一人しかいません。人間は、皆、死にたがっているのです。」

「僕は、長生きをしたいと思っていますが」と町会長。

「もしかして、『家庭の医学』という本を持っていませんか。」

「医学書は必要です。医学的な知識がなければ長生きできません」と町会長。

「『家庭の医学』には人の写真が入っているので、強い陰ですよね。」

「確かに陰ですが、医学書は必要です。」と町会長。

「町会長の場合、肺に気が流れているので、今のところ処分しなくても問題はありませんが、3年ほどすれば、肺の気が止まってしまいます。」

「しかし、3年もすれば、新型コロナウイルスのワクチンはできあがっているでしょうから・・・」

「町会長に『家庭の医学』を処分するように言っているのではありません。どんな陽好きの人でも、必ず強い陰のものを持っていると言いたかっただけです。そして、陰のものを持っている理由があるので、親子の間でも処分させることはできません。人は、皆、死ぬための用意をしているのです。」

「なるほど。そうかもしれません。僕も教え子の結婚式に出席することにこだわって、肝臓が弱いのに、赤道直下の灼熱の島に行ったのですから。しかし、長生きしたいと思う気持ちがあるのは確かです。」

「意識は長生きしたいと思っていますが、潜在意識が人類の滅亡を避けるためできるだけ早く死のうとしています。潜在意識の方が意識より頭がいいので、意識のこだわりを突いて、陰の物を所有させます。アインシュタインのような超天才でも、76歳でなくなっていますから、超天才の潜在意識はとてつもなく頭がいいのでしょうね。」

「渡辺さんも強い陰の茶道具持っているということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。恐ろしいほど強い陰なのですが、処分して動体視力が上がると、息子のミスが激しくなって、仕事に差し支える可能性が高いので、そのままにしています。」

「なるほど。渡辺さんにもこだわりはあるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。こだわりのない人間はいないので、そこを突かれて、人間は老化し、死んでいくのです。」

「ところで、天才系の人は、なぜ子供のとき肺に気が流れていないのですか」と町会長。

「『天才、子供』で画像検索をすると、肺に気の流れている子供がトップ画面に二人いました。」

「なるほど、全員肺に気が流れていないということではないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。天才と思われる子供の画像の多くは、肺に気が流れていませんが、流れている子供が若干います。」

2020/2/17