「ところが念のために西側を見ると、忌避剤入りの湯飲み茶わんが2つひっくり返されていました。」

「4日目の朝のことですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「他に荒らされたところはなかったのですか」と町会長。

「西側の茶碗がひっくり返されているときは、30センチぐらいの長さで、あちこち掘られているのですが、それがなかったのです。」

「それは不思議ですね」と町会長。

「念のため、注意深く庭を見ると、茶室と中庭の間の竹柵の内側がちょこっと掘られていました。以前掘られたことがある所で、よく見ると掘られたかなというくらいの掘り方だったので、本当に掘られたのかどうか確信はありませんでした。」

「もしかして、ウリ坊がやったということですか」と町会長。

「僕もうり坊の仕業かと思ったのですが、そこを掘ったとすると、茶室と蔵の間の1本の竹が突破され、中庭と茶室の裏の庭とを区切る竹柵のところにおいてある2つの超音波害獣撃退器も突破されたことになります。しかし、そこに超音波害獣撃退器を置いて以来、竹柵の間の通路を突破されたことはなかったのです。」

「30センチぐらいの堀跡がないということは、ウリ坊が単独で来たということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そして、うり坊と一緒に来たのは、母イノシシしか考えられませんから、以前掘られた30センチくらいの痕は、母イノシシが付けたものだということになります。」

「なるほど。そうだとすると、東側に1メートルほど、くっきりと後をつけたのは父猪ということになるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。それで、うり坊が来た痕跡はないかと、中庭をもう一度注意深く調査しなおすと、スナゴケがちょこっとはがされていました。」

「スナゴケだとウリ坊でも剥がせるのですか」と町会長。

「猫でもグチャグチャにできるので、うり坊がミミズを取るために、ちょこっとはがすのは簡単だと思います。」

「なるほど。スナゴケがちょこっとはがされていたので、東側は父猪がハイゴケを荒しに来ていたことと、西側は母猪がウリ坊と一緒に来ていたことが結論できたということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ウリ坊は、母猪と一緒に来たときには、超音波害獣撃退器のある竹柵の間の通路を突破できなかったのに、母猪がいないと突破できるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。うり坊は頭蓋骨が柔らかいので、鬱の症状が軽いからです。」

「母猪と一緒のときは、竹柵の間の通路を突破できない母猪の言いつけに従わなければならないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/1/18