「蔵と物置の間には通路があるのですが、電池式の強力な超音波害獣撃退器があって、イノシシが突破したことはありませんでした。裏庭は、東側の茶ノ木から西側の通路まで連続していて、西側の通路の北側に立てば茶ノ木が見えます。」

「卓球場は裏庭の北側にあるので、渡辺さんがウリ坊を見たのは、ウリ坊が裏庭の西の端を通ったときですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。そこから東側の茶ノ木が見えるので、うり坊は茶ノ木まで行けることは分かっているはずです。」

「なるほど。西側の通路をLEDライトを背にして侵入できたウリ坊が、父猪に後ろ向きで裏庭を進めば、茶ノ木に行けるということを指導したとお考えでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それで、ウリ坊が裏庭を突っ切って東側の茶ノ木の裏まで行こうとするかどうかをチェックしようとしたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「孟宗竹を2本にしたのは、茶室と蔵の間の3本の孟宗竹が乗り越えられなかった場合、2本の孟宗竹が乗り越えられるかどうかをチェックしようとしたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それで、どういう結果になったのですか」と町会長。

「うり坊だけが来た朝から6日間雨が降らなかったのに、茶室と蔵の間の孟宗竹の外側に置いた湯飲茶碗が2つひっくり返されていました。」

「うり坊は雨が降らないのに来たのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。寒さでミミズが少なくなったためかもしれません。」

「卓球場と物置の間の2本の孟宗竹の西側に置いた忌避剤入りの茶のみ茶わんもひっくり返されていなかったということでしょうか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、1本の孟宗竹は乗り越えられても、2本や3本の場合は乗り越えられないということですか」と町会長。

「この日は、おっしゃる通りでしたが、6日後に3本の孟宗竹が乗り越えられています。」

「3本だと乗り越えるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。この日は3本の孟宗竹は乗り越えられなかったのですが、興味深いことが起こっています。」

「興味深いことと言いますと?」と町会長。

2020/1/20