「新型コロナウイルスの初動対応に関係した役人が免職になったのを見て、中国の役人は皆震え上がったと推定しています。」

「失職すれば、生活に問題が生じますから、震え上がったでしょうね」と町会長。

「3月31日の中国の感染者数は57.14、死者数は2.30なので、感染者発見率は24.84です。」

「それでは、新型コロナウイルスを終息させるどころか、感染はどんどん拡大してしまうのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。仮に、シンガポールと同じように感染者の追跡調査をした場合、中国の死者数が2.30で、シンガポールの感染者発見率が282.8なので、中国の推定感染者数は2.30かける282.8ですから、650.44になります。中国の公表に基づく100万人当たりの感染者数が57.14ですから、発見されていない感染者の数は、650.44引く57.14で、 593.30になります。」

「そうすると、中国には、公表された患者数の10倍以上の患者がいるということになりますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「中国の役人が皆震え上がると、こういう数字になってしまうということですか」と町会長。

「震え上がった役人が失職を恐れて、感染者の報告を偽っても、その役人を管理する役人も失職を恐れて、再調査をさせたりはしないでしょうし、反対に、正しい感染者数を報告する役人がいれば、失職を恐れる上司が再調査を命じたりするのだと推定しています。中国の政府が正しいデーターを求めていないのだから、それで問題は起きないということでしょう。」

「しかし、4月8日に武漢の封鎖が解除されましたね」と町会長。

「武漢の封鎖がいつ解除されるか、気にしていた人は多かったのではないかと思います。」

「武漢の封鎖が解除されなければ、新型コロナウイルスが蔓延している証拠だし、解除されれば終息したと考えますよね」と町会長。

「僕も、実は、そう考えていました。しかし、4月8日の朝日新聞を読むと、体温検査を受けて、移動履歴などをもとに個人の感染リスクを判定する健康証明アプリを提示しないと、武漢の外には出られません。」

「それでは、武漢の封鎖が解除されたと言っても、新型コロナウイルスが蔓延中ということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。武漢の封鎖が解除されたのは、武漢の中も外も同じように新型コロナウイルスが蔓延しているためと推定しています。」

「なるほど。武漢の中も外も同じように新型コロナウイルスが蔓延していれば、武漢を封鎖しておかなければならない理由はありませんね。」

「おっしゃる通りです。」

2020/4/13