「3月31日の韓国の感染者数は190.87、死者数は3.18なので、感染者発見率は60.02です。」

「日本の感染者発見率は35.0ですから、韓国は感染者の追跡調査をしっかりやっていることになりますね」と町会長。

「確かに、日本と比べるとしっかりやっているように見えますが、シンガポールの282.8の4分の1にも達していません。シンガポールが新型コロナウイルスの感染を終息させることができないのですから、韓国が感染を終息させるのは不可能です。感染は拡大しつつあると推定しています。」

「韓国の医療制度は、中国の医療制度のような問題があるのですか」と町会長。

「韓国の医療制度は日本の医療制度に似た近代的な医療制度で、電子カルテシステムなどでは、日本より進んでいると言われています。」

「それでは、中国のようにデーターを操作することができないのではありませんか」と町会長。

「僕もそう思ったのですが、感染者発見率が60.02では、新型コロナウイルスの感染を終息させるのは不可能です。」

「データーが操作されているとしか考えられないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、どういう方法でデーターを操作したとお考えなのですか」と町会長。

「実は、中国のデーターの操作方法は、簡単に発見しましたが、韓国については、注意を払っていなかったので、操作方法を発見するのに時間がかかりました。」

「中国はどういう方法で、データーを操作しているのですか」と町会長。

「2月14日のbusiness insiderによると、『13日には湖北省と武漢市のトップが交代した。その前日には初動対応が遅れたとして免職処分になった湖北省の元役人たちが病院を訪れ患者に謝罪するシーンもテレビで流れている』と書かれています。」

「免職処分になった元役人たちが病院を訪れ患者に謝罪しているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。多数の患者と死者を出してしまった元役人たちが病院を訪れ患者に謝罪するシーンをテレビで見て、謝罪するのは当然と思った中国人は少なくなかったかもしれません。しかし、日本人の観点からすれば、湖北省と武漢市のトップが交代したことには違和感がないとしても、初動対応に関係した役人が全員免職になり、テレビでさらし者になるというのを見ると、なぜそこまでするのかという疑問がわきます。」

「なるほど。新型コロナウイルスが東京で広がったとき、都知事が交代させられただけでなく、新型コロナウイルスの感染を抑えることに関係する公務員が全員クビになったということですから、日本人の感覚では異常な行為を政府がしたということになるでしょうね。」

「おっしゃる通りです。」

「中国政府の異常な行為がデーター操作と関係しているとお考えなのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/4/10