「原初的な免疫力と言うと自然免疫力と勘違いする人がいますが、自然免疫力のことではありません。」

「自然免疫力と言いますと?」と町会長。

「昔は、免疫という言葉が、細菌やウイルスに感染したとき得られる獲得免疫のことを指していました。」

「インフルエンザの予防注射で得られる免疫も、獲得免疫ということになるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。獲得免疫ができていない細菌やウイルスに感染した場合、免疫ができて対応できるようになるまで数日かかると言われています。」

「自然免疫というのは獲得免疫のことではないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。細菌が体内に侵入してきたり、ガン細胞ができたりしたとき、最初に働くのは、好中球やマクロファージ、樹状細胞といった食細胞なのですが、これを自然免疫と呼ぶようになっています。」

「細菌が侵入したり、ガン細胞ができると、貪食細胞が食べてしまうのは知っていましたが、これを自然免疫と言うようになったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「原初的な免疫力は、自然免疫力のことではないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。人間にも体力がある人とない人、病気になりにくい人となりやすい人がいますが、人間の細胞にも病気になりやすい細胞となりにくい細胞があります。細胞の病気になりにくさを原初的免疫力と僕は呼んでいます。」

「なるほど。肝機能が低下すると原初的免疫力が低下するので、免疫力を補うためにアレルギー反応が強くなり、花粉症などになってしまうということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「肝機能をあげれば、花粉症は改善するのですね」と町会長。

「花粉症は、鬱症状より複雑な経過をたどりますが、改善することは確かです。」

「なるほど。肝機能を上げることで、アレルギー反応が弱くなるということが実証されているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そうすると、アレルギー体質の人は、肝機能が低下しているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「結論としては、肥田式には皮膚が緩まないという欠点があるので、毎日ぬるめの湯に入らないと、蓄積効果による限界値が低くなってしまうということになるのですね」と町会長。

2020/1/28