「ぬるい湯に入って、馬毛ブラシで皮膚をこする以外に、肺の機能を上げる方法はないのでしょうか」と町会長。

「ビオチンを飲めば、肺の機能が少し上がります。」

「ビオチンと言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアには『ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7とも呼ばれるが、欠乏症を起こすことが稀なため、単にビオチンと呼ばれることも多い』と書いてあります。」

「ビタミンB7のことなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「肺の機能が上がると書いてあるのですか」と町会長。

「肺の機能が上がるとは書いてないのですが、欠乏すると皮膚に問題が生じるということは書いてあります。」

「皮膚が改善するとは書いてないのですね」と町会長。

「アトピー性皮膚炎の患者の中にビオチンで改善する人がいるとか、爪の脆さや脱毛症の改善に関する研究があるとは書いてあります。いずれも東洋医学的観点からは、肺経に関する問題です。」

「渡辺さんの場合は、どういう効果があったのですか」と町会長。

「明らかに皮膚の気の流れが良くなります。毛髪は増えているような気がしますが、気のせいかもしれません。」

「アトピーが治ったということですが、ビオチンが効いたということですね」と町会長。

「皮膚の赤みがかったところは、完全になくなったのですが、痒疹が残っています。しかし、1年前と比べると、明確に改善して、目立たなくなっています。」

「完全に治ってはいないが、ビオチンで良くなったということですね」と町会長。

「皮膚の気の流れが良くなるので、アトピー改善の一助にはなりますが、ビオチンでアトピーが良くなる人は少ないと思います。」

「皮膚の気の流れが良くなるのに、アトピーが改善する人は少ないのですか」と町会長。

「アトピーは肺の機能低下と肝臓の機能低下で起こるため、少ないと推測しています。」

「なるほど。ビオチンで肺の機能が上がっても、肝臓の機能が上がらないとアトピーは治らないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そうすると、ビオチンを飲むより、海水浴をした方が効果が高いということですか」と町会長。

「アトピーに対するビオチンの効果については、十分なデーターが見つからないので、何とも言えません。僕の経験からは、海水浴の方が効果が高いとは言えないような気がします。」

2020/2/1