「しかし、玄米菜食をすると肝機能が低い人は、問題が生じることがあるということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕も2歳のときの肺炎で高熱を出し、肝機能が限界的に低下してしまっていたので、玄米肉食をしています。」

「肝機能が低い場合は、玄米菜食は控えた方がいいのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「他にも限界値を上げる方法はあるのでしょうか」と町会長。

「卓球の選手の場合、10キロくらい走れば、動体視力が驚くほど上がり、運動能力も上がりますが、脳が活性化酸素でやられてしまいます。」

「走ると長生きできないのでしょうか」と町会長。

「ジョギングと歩くのを交互にする軽い運動であれば、問題はありません。」

「猪が長時間泳ぐと、ミミズを食べたときのように心臓が緩むということですが、肥田式をする人も、海水につかると心臓が緩むのですか」と町会長。

「心臓は緩みませんが、イノシシと同じように皮膚が緩みます。それで、アトピーが改善する人がいることが知られています。」

「どうして人間の場合、心臓が緩まないのですか」と町会長。

「先ほど話したように、心包経があるために、心臓を支配する心経が緩まないからです。」

「なるほど。しかし、アトピーが改善する人がいるくらいだから、肥田式をする人は、時々海に入った方がいいということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。皮膚が緩むと肺の機能が上がります。さらに連動して、腎臓の機能が上がり、さらに連動して肝臓の機能が上がるところまで行けば、アトピーが改善します。」

「そうは言っても、冬場に海水浴は厳しすぎます」と町会長。

「夏場でも、紫外線を浴びると、皮膚は経絡的な機能低下を起こすので、海水浴はしない方が無難かもしれません。」

「それでは、どうすればいいのですか」と町会長。

「ぬるめのお風呂に毎日入るだけで、皮膚を緩める効果があります。」

「熱い湯ではだめなのですね」と町会長。

2020/1/26