「それでは、なぜ肥田式を創始することができたのでしょうか」と町会長。

「肥田春充は指に気が流れないために、73歳で亡くなっていますが、経絡的には、指が緩まなければ、足も緩まないし、頭も緩みません。脳の機能が上がるなどと言うことはあり得ません。」

「それは不思議ですね」と町会長。

「唯一考えられるのは、幼児期に頭を打つなどして、脳内の経絡に関係するデーターが消えるという経絡的な進化をしたということです。」

「どういう経絡のデーターが消えたのでしょうか」と町会長。

「肥田春充の画像を見ると、経絡は普通の人と同じように老化する方向に進み、73歳で亡くなっています。」

「それでは、経絡が特殊な進化をしたのではないということですか」と町会長。

「経絡は、先史時代から行われてきたと推定される鍼灸の治療に対する体の変化から作られた仮説です。」

「経絡は、鍼灸の治療に対する体の変化から作られた仮説なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。先ほど話したように、漢方薬が体質を表す『証』という概念に基づいて使われていますが、実際は、漢方薬が脳に作用して経絡的な変化を起こすために、治療ができるのです。しかしながら、経絡のツボを治療するわけではないので、漢方薬と経絡の関係に気づく人がいなかったのだと思います。その結果、『証』という不完全な概念が出来上がったようです。」

「渡辺さんは、食べ物や漢方薬を見ただけで、自分や他人に効果があるかどうか分かるという古代治療師系の超能力があるということでしたね」と町会長。

「若いときには、そういう能力があるということには気がつかなかったのですが、家内や子供は、小さいときから古代治療師系の超能力があったようです。」

「そういう能力を持った人が、古代社会では病人に効く薬草を見つけて、治療していたということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。薬草と病人を見ただけで効くか効かないかが分かるので、経絡について考える必要はなかったと思います。」

「なるほど。それでは、『証』というのは、漢方薬の効果を経験論的に説明する大雑把な理論と言うことになるのでしょうか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕の場合は、経絡治療から入り、腎の治療で体が緩み始めてから、突然、鶏のから揚げが骨膜を緩めることに気がつきました。」

「なるほど。その時、漢方系の超能力が目覚めたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、漢方系の超能力が上がるにつれて、漢方と経絡の関係が分かってきたということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。それで、漢方薬の効果を含めた経絡の仮説を考えたわけです。」

「それでは、渡辺さんの経絡の仮説と鍼灸学校で教える経絡の仮説とは違う点があるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕は経絡のデーターが小脳にあると考えています。そして、鍼灸師が行う治療は、小脳の経絡のデーターを直接変えるのではなく、小脳の経絡のデーターによって肉体に形成された硬結を緩めると、小脳が硬結の変化に対応するように、経絡のデーターを書き換えると推定しています。」

「そういう観点からすると、肥田春充は、どういう経絡のデーターが消えたことになるのでしょうか」と町会長。

2020/3/17