「夏休みのころになると、二人ともバックからの変化球サーブが上達し、切れているサーブと切れていないサーブを混ぜたり、サイドスピンが強くかかっているサーブとかかっていないサーブを混ぜたりして、サーブでポイントが取れるようになっています。」

「二人ともサーブは、たちまち上達したのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。ラッキーだったのは、その頃、千葉大の卓球部の主将をしていた『斎藤いわおちゃん』という近所の大学生が試合に加わるようになったことです。」

「千葉大の卓球部の主将が卓球を教えてくれたのですか」と町会長。

「いわおちゃんは、僕たちと試合をしただけで、教えるようなことはしていません。」

「それでも、卓球のレベルは上がったのですね」と町会長。

「実は、いわおちゃんと毎日試合をするまでに、レベルが上がっていたのです。」

「なぜ、卓球のレベルが上がったのですか」と町会長。

「サーブの練習とサーブをツッツキで返す練習を、鶴島と3カ月ほどしたためです。」

「しかし、相手が千葉大の卓球部の主将では、1セットも取ることができなかったのではありませんか」と町会長。

「それが、3人で21本の勝ち抜き戦をしたのですが、僕も鶴島も勝った記憶があります。それで、いわおちゃんは、夏休みの間、毎日、神楽殿に通うことになったのです。」

「千葉大の卓球部って、そんなに弱いのですか」と町会長。

「いわおちゃんは、『大学のリーグ戦は1部から6部に分かれていて、千葉大は4部校なんだ』と言っていました。」

「千葉大は、上から4番目のグループだったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、弱くても仕方がありませんね」と町会長。

「しかし、いわおちゃんは、千葉県の男子一般のシングルスで優勝したことが自慢でした。」

「いわおちゃんが千葉県の大学のある町の試合で優勝したということはないのですか」と町会長。

「実は、優勝したときの賞状も、トロフィーも見せてもらっていません。」

「よく、話半分ということがあるのですよ」と町会長。

「僕が大学生になったころ、国分寺のロック喫茶に時々行っていました。」

「その喫茶店は、いつもロックを流していたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そこは、レコードをかけていただけですが、吉祥寺には、フォーク喫茶とか、ジャズ喫茶などもあり、週1回ぐらいはライブもやっていました。」

「ミュージシャンが来て、生の演奏をしたり、歌ったりしたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。国分寺のロック喫茶では、ライブをすることはなかったのですが、今井さんという、同い年くらいの女子が、いつもカウンターに入っていました。」

「その子が目当てで、国分寺のロック喫茶に通っていたのですか」と町会長。

2021/4/22