「毎日来たのは、僕と鶴島だけだったので、二人だけのときは、ロングの練習を30分くらいしてから、試合をしていました。」

「その状態がずっと続いたのですか」と町会長。

「1年もすると、大人は来なくなりました。」

「どうしてですか」と町会長。

「いつも勝ち抜いていたのが、僕か鶴島だったためだと思います。子供も来る人が少なくなって、ロングを練習できる日が多くなりました。」

「それで、フォアハンドが打てるようになったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。高校の卓球部に入っていた人よりは下手なのですが、一応打てるようにはなっています。」

「しかし、フォアハンドができるだけでは、全日本にずっと出ていた人から1セット取ることはできませんよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。卓球のレベルが上がったのは中学3年生のときです。」

「中学3年生のとき、何があったのですか」と町会長。

「中学2年生になったとき、鶴島が同じ中学校に入学してきたのです。」

「それで、卓球のレベルが上がったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。鶴島と二人で卓球部を作ったのです。」

「なるほど。卓球部を作れば、上達しますよね」と町会長。

「卓球部と言っても、体育館がないのです。」

「それでは、どうやって卓球をしたのですか」と町会長。

「廊下の一番東側の隅に卓球台が折りたたんで、立てかけてあったのです。」

「しかし、体育館はなかったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。それで、担任の先生にお願いして、廊下の一番東側にある教室を卓球の練習に使えるようにしていただいたのです。」

「教室には、机や椅子があるのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。放課後、生徒が教室にいなくなってから、机と椅子を
東の隅に全て寄せて、卓球台を置きました。」

「なるほど。その教室で、毎日鶴島と卓球の試合をしたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。卓球を一緒にやりたいという生徒もいたので、5本勝負ですることが多かったという記憶があります。」

「それでは、ロングの練習はできなかったのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。それで、僕と鶴島は、土日に神楽殿でロングの練習をしました。」

「それで、卓球のレベルが上がったのですか」と町会長。

2021/4/20