「鶴島と、毎晩、5本勝負の試合をするようになって、夏休みが過ぎた頃、『夏休みに親戚のところに行ったらロングというのをやるんだ』と鶴島が言ったのです。」

「『ロング?』と聞くと、それらしい動作をしてみせるのですが、全く理解できませんでした。」

「それで、どうしたのですか」と町会長。

「次の日曜日に、15キロほどある市内の本屋さんに自転車で行って、卓球の本を探しました。」

「卓球の本は見つかったのですか」と町会長。

「分解写真の載っている本があったので、買ってきました。」

「その分解写真を見て、ロングの打ち方を練習したのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕は、その分解写真を見て、遠心力を使うようにすれば、安定した強い球が打てると考えた記憶があります。」

「なるほど。」

「毎日、素振りをして、どう振れば遠心力が使えるか研究しました。」

「鶴島という男の子は、どうやってロングを覚えたのですか」と町会長。

「週に1回ぐらいの頻度で親戚のところへ出かけたみたいです。」

「なるほど。」

「ロングは、すぐ、できるようになったのですか」と町会長。

「会館の倉庫は狭くて、卓球台の後ろが1メートルぐらいしかなかったのです。」

「それでは、ロングの練習はできませんね」と町会長。

「そうなんですよ。ちょうどその頃、倉庫が傷んできたので取り壊されてしまいました。」

「倉庫が取り壊されたら、卓球はできませんね」と町会長。

「そうなんですよ。それで、残念に思っていたら、父が『熊野神社の神楽殿に卓球台が置いてあるよ』と言うのです。」

「すぐ近くにある神社に神楽殿があったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕が子供の頃は、秋になると、そこでお祭りがありました。夜店がたくさん出て、綿あめを買ったり、金魚すくいをした記憶があります。」

「神楽殿は、お祭りのときに使われたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。夜になると、神楽殿で旅回りの役者が演じる田舎芝居が行われました。」

「その神楽殿に、卓球台が置いてあったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そこで鶴島とロングの練習をしたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。倉庫と違って卓球台の後ろが2メートルぐらいありました。」

「それなら、ロングの練習ができますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。秋川街道から見えるところにあったので、最初は色々な人が来ました。雨の日は、大人の人も来ていました。」

「それでは、大人の人も交えて5本勝負の試合をしていたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」
 
2021/4/19