「DNA修復機構で、すぐに修復されるのに、なぜ、ガンになる人がいるのですか」と町会長。

「ウィキペディアの『DNA修復』によると、『DNA修復速度の細胞の加齢に伴う低下や、環境要因のよるDNA分子の損傷増大によりDNA修復がDNA損傷の発生に追いつかなくなると、・老化(細胞老化)と呼ばれる、不可逆な休眠状態に陥る・アポトーシスあるいはプログラム細胞死と呼ばれる、細胞の自殺が起こる・癌化のいずれかの運命をたどることになる』ということになります。」

「『正常な代謝の過程でも、1細胞につき1日あたり、最少で、50,000回は損傷が起こる』とすると、『DNA修復速度の加齢に伴う低下』が発ガンの最大の原因となるのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。国立がん研究センターの『最新がん統計』というタイトルのウェブページに、『男女とも、おおよそ60歳代から増加し、高齢になるほど高い。60歳代以降は男性が女性より顕著に高い』という記載があり、添付のグラフから、60歳を過ぎると加齢に伴ってガンの死亡率が急増するようすが一目で分かります。」

「発ガンに対する最大の要因が加齢であるとすると、加齢に最大の発ガン性があるのではありませんか」と町会長。

「加齢は物質ではありませんが、加齢が発ガンの最大の要因であることは明らかです。」

「要するに、『正常な代謝の過程でも、1細胞につき1日あたり、最少で、50,000回は損傷が起こる』ため、加齢によるDNA修復機構の機能低下が発ガンの決定的な要因となっているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、『肝機能の低下がガンの最大の原因』というのは、先ほど言われたように、加齢に伴って肝機能が低下するためですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。腎臓と肝臓は余裕がある臓器なので、経絡の機能低下が進んでも、問題を感じるようになるのは40歳ごろからです。」

「しかし、国立がん研究センターの『最新がん統計』では、60歳を過ぎると加齢に伴ってガンによる死亡率が急増するということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。実は、国立がん研究センターの『最新がん統計』のページには、『がん罹患率~年齢による変化』というグラフがあるのですが、グラフを見ると25歳前からガンの罹患率がわずかながら上昇し始めます。」

「それでは、25歳ぐらいから肝機能が低下し始めるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。『20歳ごろの腎臓の機能を100とすると、健康な人でも毎年1パーセントずつ低下していく』という話をしたのをご記憶だと思いますが、東洋医学によると、肝機能は腎機能に連動して低下します。」

「それでは、ガンの罹患率と肝機能低下は、一致しているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。大酒飲みの肝機能低下は、加齢とともにひどくなるでしょうから、その点でも一致しています。」

「なぜ、肝機能低下でガンの罹患率が高くなるのですか」と町会長。

「東洋医学的には、肝機能が低下すると、肝経に属する筋肉や脳などのタンパク質の可動性が低下するからです。」

「その点が、さきほどから理解できないのですが」と町会長。 

2021/2/26