「しかし、ゴルフで体が壊れたりはしませんよね」と町会長。

「数ヶ月ほどすると、右肩の肩胛骨の背骨の側に鈍痛がするようになりました。」

「それでは、指圧師の先生ではなく、按摩の先生のところに行ったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。週2回ぐらいのペースで通ったのですが、何の変化もありませんでした。」

「今度は、按摩の先生でも、どうにもならなかったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。今考えれば、『The Principles of Mathematics』という陰の本も持っていたし、テニスで脳の機能も低下していたので、内蔵の機能が低下してしまったのです。」

「内蔵の機能が低下すると、按摩も利かなくなってしまうのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。特に、肝臓の機能が低下すると、筋肉が硬くなるので、按摩も利かなくなります。」

「肝臓の機能は35歳ぐらいから急激に低下するのでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。不思議なことに、全ての人間が肝機能が低下するように、日々、努力しています。」

「僕は、そんな努力はしていませんが」と町会長。

「町会長のように陰陽が分かる天才は、普通の人と比べると、経絡によって内臓の機能が低下したり、脳の機能が低下するのを避ける傾向が強いのですが、本当にそうかと言えば、アインシュタインような大天才でさえ老化が進んで亡くなってしまっているのです。」

「アインシュタインも経絡が理解できなかったために、老化が進んで76歳で亡くなってしまったということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。先ほど言ったように、経絡の理論には間違いがあるため、自分で治療実験をしないと、正しい理論は習得できません。」

「それで大天才も間違ったことをして、脳の機能低下や老化を進めてしまうのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕の最近の研究では、脳は必ず死ぬように進化しています。」

「脳が必ず死ぬように進化しているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。イノシシでさえ陰陽が分かるのに、人間で陰陽が分かるのは天才系の人だけです。」

「人間は陰陽で死ぬように進化しているということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。アマゾンやスーパーで売っているのは、陰のものばかりです。」

「なぜ、アマゾンやスーパーは陰のものばかり売ろうとするのでしょうか」と町会長。

「消費者が陰のものを欲しがるからです。」

「僕は陰のものなど欲しいと思いませんが、陰陽が分からない人は、陰のものが欲しがるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。商人系の人たちは、陰のものを売りたいわけではありません。最大の利益を得ようとしているだけです。」

「それでは、天才系の人間以外は、皆、陰のもので早死にしようとしているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。体力がある人間は、陰のものを見たり、触ったり、食べたりすると、気持ちがいいように進化しています。」

2021/3/12