「その頃は、鶴島と卓球をやるごとに、素振りの仕方を工夫していました。」

「しかし、鶴島に勝つために、素振りの仕方を工夫したのではないということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。試合で勝つために、そういう工夫をしたのではなくて、理由なく威力がある球を打ちたかったのです。」

「なるほど。」

「毎日ロングの打ち方を変えていましたが、鶴島は何も言わずについてきました。高校の卓球部の練習だと、相手が打ちやすいところに、返しやすい球を打たなければならないのですが、僕たちは、思いっきり強い球を打ち合っていました。」

「なるほど。そういう練習だとボールの着地点が打つたびにずれるのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。鶴島は、返しにくかったと思いますが、文句も言わずに、強い球を打ち返してきました。」

「鶴島も頑張っていたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。いわおちゃんとやるころには、鶴島の右手の人差し指の中指側の付け根が紫色になり、えぐれたようになっていました。」

「卓球で、なぜ、そんなことが起こるのですか」と町会長。

「当時は、皆、ペンホルダーと言われるタイプのラケットを使っていました。」

「ペンホルダーだと、人差し指の内側の付け根にラケットが強くあたるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ペンホルダーは、中国式のように、ラケットのグリップを持ちます。中国式と違うのは、グリップのラバー側が高くなっていて、人差し指がかかるようになっているところです。」

「ペンホルダーは、ラケットをペンを持つような感じで持つのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そのとき、ラケット板の部分が人差し指と中指の間に来るのですが、ラケットの板の角が人差し指の付け根にあたります。」

「ラケットの板の角があたるところが、紫色になり、えぐれたようになっていたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。その部分は、どうしても人差し指の付け根にあたるので、皆、ナイフで角を削って丸みをつけ、紙やすりで仕上げていました。それでも鶴島の人差し指の付け根は、紫色になり、えぐれたようになっていたのです。」

「鶴島は、渡辺さんの球を打ち返すために頑張っていたということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕は、鶴島の人差し指の付け根が紫色になり、えぐれたようになっているのを初めて見たとき、言葉では言えないような衝撃を受けたのですが、何も言ってやることができませんでした。」 

「渡辺さんの打つ球は、そんなに強かったのですか」と町会長。

「僕が打つ球は、セルロイド製の小さなボールですから、鶴島の指の付け根がえぐれるような衝撃は与えません。」

「それでは、なぜ、鶴島の人差し指の付け根がえぐれたようになってしまったのですか」と町会長。

2021/4/30