「僕が肥田式強健術について書いてある本を読んだのは、まだ、陰陽が分からず、腎の機能の重要性も分からなかったときなのですが、本に書いてあるようにやってみると、膝と丹田が緩んだ記憶があります。今考えれば、腎の機能を上げることができる重要な気功法だったのですが、そのことに気がついたのはつい最近です。一度教えたら、息子もできました。できない方は、呼吸法が間違っているのだと思います。」

「どういう呼吸法をすればいいのでしょうか」と町会長。

「腹式呼吸でいいのですが、腹式呼吸ができる人が少ないのです。僕が知っている人で、正しい腹式呼吸を知っていたのは、オペラ歌手が一人と舟木一夫という歌手がデビューするとき指導した先生だけですね。不思議に思って、ウェブを調べたこともあるのですが、日本語のサイトにも、英語のサイトにも、腹式呼吸の仕方を正しく説明しているものは見つかりませんでした。全くなかったかと言うと、一つだけ正しい腹式呼吸が書いてあるサイトがありました。武道家のサイトでした。武道家は命がけでやっているからでしょうね。」

「正しい腹式呼吸はどのようにすればいいのでしょうか」と町会長。

「簡単です。正しい腹式呼吸はお腹を膨らましながら、息を吐けばいいのです。この動作が常識に反するので、正しい腹式呼吸が理解できない方が多いのだと思います。オペラ歌手の方は、この呼吸法ができれば、大ホールで歌ってもマイクはいらないと自慢していました。」

「肥田式強健術の本を読んで、正しい腹式呼吸でやれば腎の機能が上がるのですね。」

「実は、肥田式強健術について書いてある本が問題なのです。ウェブで画像検索すれば分かりますが、陽の本がなかなか見つかりません。本が陰だということは、陰陽が分かる人には、『間違ったことが書かれている』ということを意味していますが、それ以外に、陰の本を持っていると膀胱系という経絡と肺経と言う経絡に支配される臓器や皮膚、筋肉、骨などが、毎日、少しずつ固くなっていきます。要するに陰の本は、老化を加速させるのです。DVDなら、陽のものが見つかると思います。」

2019/9/26