「先ほど話したように、ツボの位置が感覚的に分かる鍼灸師は、経絡治療の効果が分かるので、僕と同じように若返りを目指して、自分の治療を毎日します。その結果、全員、50歳になるかならないという年齢で亡くなってしまいます。この事実は、世間一般の常識が経絡治療では通用しないことを意味しています。

また、ビタミンDについて調べたとき、国内でも、ビタミンの研究が進んでいるはずの米国でも、ビタミンについて書いてあるサイトは、強い陰です。陰陽が分かる人は、ご存知だと思うのですが、強い陰のサイトに書かれていることは9割以上正しいのですが、そのサイトに書かれていることを信じて、実行すると、そこに書かれている1%ぐらいの間違いによって、致命的な問題が起きます。

なぜ、このような陰のサイトばかりか考えた結果、若返りにどうしても必要な知識は、潜在意識が筆者のこだわりを突いて、読者が誤って理解するように書かせるのだという結論に達しました。一般的には、副作用を強調して、十分な量を取らせないように書かされたサイトが多いようです。『服用量を多く書いて、問題が起きたらどうするの』的なところを突かれれば、身の安全を考えて、本当にそうなのか確信がない副作用まで書いてしまう人が多いのです。製薬会社にも同じような傾向があって、薬の効果より会社の安全性を重視しているところが多いです。

その経験から、治療に関しては、自分で確信できないことはしないし、医学的な常識に反していても、自分で確信できれば行うという方針を貫いてきました。その結果、全員、若死にしているのに、僕だけ長生きしているので、信念を貫くしかないと思っています。」

「なるほど。論により証拠と言うことですね。ところで亜鉛については、どのような考え方をしているのですか」と町会長。

「前にもお話ししましたが、食べ物や漢方や医薬品などを画像で見ると、自分に必要かどうかがわかります。入手して、手に取ってみると、どのくらい必要か分かります。亜鉛の場合は、50mgのカプセルが2個必要だと感じました。」

「耐用上限量が1日40mgか45mgなのに、1カプセルが50mgというサプリがあるのですか」と町会長。

「アメリカの会社が作っているものなのですが、アメリカの成人の耐用上限量は40mgなので、25mgのカプセルもありますが、こういう製品もあるのですね。」

「国産のピコリン酸亜鉛はないのでしょうか」と町会長。

「アマゾンで『ピコリン酸亜鉛』を検索しても出てきません。日本はビタミンやミネラルなどのサプリは、アメリカに比べると遅れています。僕が若い頃は、ビタミンを飲むのは、病気の人ぐらいで、アメリカ人が毎日ビタミン剤を飲んでいるというのは異常だと考える日本人が多かったですね。自然食品が一番で、ビタミン剤を毎日飲むのは体に悪いという感覚だったと思います。」

「2年半も続けて、銅欠乏症とか、鉄欠乏症にならないのですか」と町会長。

「1年くらい前から銅イオンを、半年くらい前から鉄イオンを飲むようにしています。前から、銅や鉄の欠乏症であることは分かっていたのですが、生物学的進化で対応しているようで、症状は出ないのです。もしかしたら、メタロチオネインという金属結合性のタンパク質が進化しているのかも知れません。」

「症状が出ないのに、なぜ欠乏症と分かるのですか」と町会長。

「感覚的に分かるということがあるのですが、例えば、味噌汁を作る鍋を鉄製の錆びるものに変えてから、僕も息子も明らかに体力が上がっています。」

「なるほど。飲まなくても問題はないが、飲めば体力が上がるわけですね」と町会長。

「ですから、欠乏症と言うより、潜在的欠乏症と言った方がいいのでしょうね。」

「日本人は、皆、亜鉛の潜在的欠乏症なのでしょうか」と町会長。

2019/11/12