「運動をすると、心機能が上がります。すると心経が緩み、足の親指の内側から出て、脚の内側を通り、鼠蹊部を通って、脇の下の少し下のところに達し、そこで折り返して背側斜め下で終わる脾経という経絡が連動して緩みます。脾経が緩むと全ての経絡が連動して緩むので、体力が上がります。この原理を応用したのがインターバルトレーニングです。」

「運動して心機能が上がると、脾経が緩んで、心経を含む全経絡が緩むのでしょうか」と町会長。

「おっしゃる通りです。心機能が上がることによって、経絡の反応でさらに心経が緩んで心機能が上がるので、インターバルトレーニングは効果が高いのです。」

「それで心経が極端に緩んでいる渋野日向子や久保建英が運動をすると内臓の機能が大きく上がると考えたのではないのですか」と町会長。

「まあ、そういう考えも頭をかすめはしましたが、スポーツで陽なのは、卓球だけです。卓球をやると体が緩みますが、それ以外のスポーツをすると、体が縮んで老化が少し速まります。経絡的には、ゴルフは腰に問題が生じるという特徴を持ったスポーツなので、ゴルフで体が緩むというのが考えにくかったのです。」

「卓球以外のスポーツをすると体が経絡的に縮むのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それではゴルフで体が緩むというのはありえないことになりますね」と町会長。

「そう思っていたのですが、久保建英の写真を見たら渋野日向子と同じように全身に経絡的な問題があるではありませんか。それだけではなく、二人は心経が異常に緩んでいるという経絡的な共通点があることにも気がついたのです。渋野日向子の動画を見たときには、自分との共通点に気を取られて、心経が異常に緩んでいるのを見逃してしまいました。」

「なるほど。それでは、やはり、心経が極端に緩んでいる渋野日向子や久保建英が運動をすると内臓の機能が大きく上がって、肥田式をしたときのように体が緩むということなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。二人はスポーツをすることで、僕が肥田式をしたときより体が緩むのでしょう。渋野日向子が今でも軟式野球をするのは、ゴルフより運動量が大きいので、体が大きく緩むからだと推定しています。」

「なるほど。渋野日向子の謎が解けて良かったですね。ところで、渡辺さんがやっている卓球では渋野日向子のような経絡的進化をした人はいないのでしょうか」と町会長。

2019/11/20