「砂利を撒いてから2日ほどして、また、ハイゴケまで来ました。その頃は、LEDライトと狼の遠吠えで、夜は来なかったのですが、このときは寝静まった早朝来たようです。LEDライトと狼の遠吠えより砂利と明るさと狼の遠吠えの方が精神的に楽だったようですが、ハイゴケをちょこっと荒しただけで、帰っていきました。」

「猪は意地を見せたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。あれくらいでは、ミミズも食べられなかったでしょうから、デモンストレーションとしてやっているとしか考えられませんでした。」

「なるほど。ミミズが食べられなくても荒すというのは、意地を見せようとしているとしか思えませんね」と町会長。

「おっしゃる通りです。このテリトリー争いの仕方には、イノシシの線的な行動と主食としてのミミズという二つの要素が関係しています。」

「先ほど猪は雑食だと言われましたが、ミミズが主食なのですか」と町会長。

「実は、ミミズが主食というのは、僕の個人的な仮説です。実際に主食であることを調べたわけでもありません。しかし、イノシシの行動を分析すると、ミミズがイノシシの主食であり、ミミズを食べないと体力が低下していくとしか思えないのです。」

「実際に主食であることを調べてはいないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。実は、タケノコのシーズンには、イノシシはタケノコを毎日腹いっぱい食べるほどのタケノコ好きであることが知られています。この点だけで、ミミズが主食であるなどということは考えられないという人がいると思います。」

「確かに、タケノコを毎日腹いっぱい食べているのにミミズを食べなければならない理由は思いつきませんね」と町会長。

「実は、イノシシがタケノコを食べるとき、周りを耕運機でうなったような感じに掘り起こすことが多いのです。」

「耕運機でうなったような感じにですか。それで、周りを掘り起こすのは、ミミズを食べるためだとお考えなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。イノシシは、ミミズがいっぱいいそうなところでも、ちょこっとしか食べないで、ミミズが少なくなる冬に備えて取っておこうとします。東の端で泥浴びしたときも、その時は思いっきり荒らされたと思ったのですが、後で控えめな泥浴びをしたことが分かりました。

裏庭は、よく見ると西側と北側がわずかに高くなっていて、雨が降るとイノシシが泥浴びしたところへ雨水が流れ込みます。そこから東は、畑だったところが草原になっているのですが、今年は雨がよく降ったのでミミズがいっぱいいると推定しています。」

「鼻のいい猪がミミズがいる匂いに気づいていたとしても、控えめに泥浴びして、冬に備えているのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかも、そこにはリュウノヒゲが密生していて、ヤブランも生えています。」

「リュウノヒゲというのは植木の下草などに使うやつですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。リュウノヒゲは根の一部が紡錘形に膨らみますが、その部分が漢方薬として使われるので、イノシシも食べるようです。食べているところは、見ていませんが、イノシシが掘り起こしたリュウノヒゲは見たことがあります。バクモンドウと呼ばれる紡錘形の膨らみが付いてなかったので、食べてしまったと推定しています。」

「ヤブランというのは聞いたことがありませんが」と町会長。

「リュウノヒゲが生えているところに、生えていることが多いのですが、数は少ないです。同じキジカクシ科に属し、葉の幅がリュウノヒゲより広いので、一目で分かります。」

「それなら見たことがありますよ」と町会長。

「ヤブランの根には、小さな芋が付いていて、登山者が遭難したときには、非常食として使われます。リュウノヒゲとヤブランが生えていれば、イノシシはヤブランから食べます。人間が薬用に使うものより、非常食に使うものの方がおいしいのでしょう。」

「猪が食べるリュウノヒゲとヤブランが生えていて、ミミズがいっぱいいそうなところでも、控えめに泥浴びするのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。そして敵対する相手のテリトリーのミミズを執拗に食べます。状況が厳しいと、食べようとしている痕をちょこっと残します。」

「敵対する相手に、『おまえのミミズを食べてやる』という意地を見せているのでしたね」と町会長。

2019/12/10