「しかし、どうして人間は自ら経絡により死ぬようになっているのでしょうか。人間には陰の物を食べたり、着たりして、死ぬのを早めなければならない理由があるのでしょうか」と町会は疑問を呈した。

考えてみれば、人は「経絡と陰陽で自ら死ぬ」と言われて、最初から納得できる人がいるはずがない。筆者自身でさえ、この結論を出すのに30年近くかかっている。この仮説が間違いないと確信したのは、経絡気功治療により、腎臓の機能を大きく上げることができるようになり、「経絡は親子で連動している」という仮説を確認できたときだった。

腎臓の機能を上げると、まず腎経に属する骨や骨化した筋肉が柔らかくなり、骨化した筋肉で圧迫された末梢神経が緩む。次に肝経が緩み、肝臓の機能が上がると、全身の筋肉が緩みだす。次に心経が緩み、心臓の機能が上がると、血管も緩み、機能が上がった筋肉に必要な栄養を血液が運ぶことができるようになる。

このような若返る方向での経絡の連鎖が起こるようになったとき、気がついたのは、世界選手権などの卓球動画を見ると、ボールが以前より遅く見えることだった。頭蓋骨が緩み、頭の筋肉が緩んで、脳の可動性が上がると、動体視力が上がるようなのだ。息子と卓球をやってみると、サーブも早くなり、フットワークも良くなっている。全く練習しない息子も、動体視力が上がったため、サーブの威力が増し、バックハンドも威力がましている。このとき初めて「経絡は親子で連動している」と言う事実を親子で確認した。息子も卓球動画を見ると、ボールが以前より遅く見えると言っていた。

しかし、筆者のような経絡的変化の経験を持たない人に「人間は経絡と陰陽で死ぬ」と言っても信じるはずがない。特に、この記事を読んでいただいている方とは、全く面識がないので、信じろと言う方が無理である。そこで、皆さんに納得していただくために、全日本卓球選手権の一般の部に出場することで、経絡を緩めることにより動体視力が上がることを実証したいと思っている。

卓球をやっている方はご存知のように、張本選手が現れてからは、全日本の予選に出ようとするのは若い人ばかりだ。筆者のような70歳の老人が一般男子シングルスに出たいと言うと「冗談」と言われてしまうのだが、動体視力は確実に上がっているので、必ず出ることができると確信している。

しかしながら、筆者はクラブなどで正式に練習したことがく、全日本卓球選手権のような正規の試合に出場した経験もないため、東京都代表になるための予選に出るのが難しいのが現状だ。

幸いにも、丸善スポーツの店員さんと、卓球マシーンを購入したのが縁で、月に一回5セットマッチの試合をやってもらっている。卓球マシーンを購入したときに、社長さんに、上達度を測定したいので、インターハイレベルの人を紹介していただけないでしょうかと頼んだら、店員の梅澤さんという方と丸善スポーツの卓球場で毎月1回試合ができるように取り計らってくれた。毎回3本は取れたので、インターハイレベルの方と思っていたが、実は、全日本卓球選手権に出場し続けている方だった。そして毎回取った3本は、お客様サービス用の3本であることが半年後に判明した。筆者より二つ上の社長さんと試合して、毎セット一本しか取れないのである。

それから数年が立ったとき、梅澤さんに「勝ったら、全日本の予選に出られるようにしてもらえないでしょうか」と言ったら、「いいですよ」と返事をもらうことができた。梅澤さんは、八王子で一番強いだけでなく、八王子卓球連盟の事務を一手にやっているので、何か方法があるのだろう。2、3カ月前、試合に行ったとき、そこで練習していた人達に向かって、「渡辺さんは、僕に勝ったら、一般の予選に出してくれって言ってるんだよ」と大声で言っていた。そして「全日本の一般に出ようとする人は、今では一人しかいないんだ」と残念そうに話した。梅澤さん自身も現在は、サーティースに出ているだけで、一般に出ようとはしていない。

全日本の予選に出たいと言ったら、まず、小学生の東京都代表と試合をさせられ、実力を思い知らされた。しばらくして、中学生の東京都代表と試合をさせられた。最後に、東京都3位と言う高校生と試合をさせられたが、三球目攻撃で、フォアのど真ん中やバックを、ノータッチで抜くことができた。やっぱり動体視力が上がると卓球は強くなるんだと確信した瞬間だった。翌月の梅澤さんとの試合でも、フォアのど真ん中をノータッチで2回抜くことができた。サービスエースも取ることができた。やっぱり強くなっていると思った。梅澤さんも強くなったと言ってくれた。

ここ半年ほど問題なのは、動体視力が上がるにつれて、バックからのサーブが入らなくなっていることだ。特に、ドライブ系は練習でも10本ぐらいしか続かない。この現象は最初から予測していたが、小脳の機能を上げることで対応できると安易に考えていた。しかし、サーブの失敗があまりに多いので、梅澤さんが「来月までに必ずサーブが入るようにしてください、サーブが入らなければ試合はできません」と言われてしまった。1カ月サーブを入れる工夫をしたところ、軽く押すように当てれば、100本連続で入ることが分かった。これを「軟弱サーブ」と名付け、試合に使うようになった。不思議なことに、この「軟弱サーブ」を3種類ほど開発し、混ぜると、たまにではあるが、梅澤さんからサービスエースを取ることができた。梅澤さんにサービスエースを取られるのはいつものことだが、サービスエースを取ったことはなかった。梅澤さんもボールを見て、どのくらい切れているか判断することができないのだと確信した。

今年の東京都の予選は10月だが、申し込みの期限は過ぎてしまっていると梅澤さんが言っていたので、今月末の試合に勝っても、来年全日本に出るのは難しい。梅澤さんは「渡辺さんには絶対まけませんから!」と言っているが、次の予選には、99%出場できると確信している。

今年の予選には出られないので、だいぶ先の長い話になってしまうが、卓球で3球目攻撃ができるレベルの方なら動体視力を自力で上げ、卓球が強くなることを確認することはできる。毎日5キロ、3週間走れば、動体視力が上がり、今まで勝てなかった相手に勝つことができる。しかし、この方法は、脳が活性化酸素で機能低下を起こす危険性がある。5キロまでであれば、選手生命にかかわるようなことは起きない。しかし、10キロを超えると、走っただけ動体視力は上がるが、選手生命は短くなる。昔、毎日30キロ走って、世界選手権で優勝した日本人選手がいた。しかし、1回しか優勝できなかった。しかも、引退してから、大木を切っているときに、その木の下敷きになって亡くなっている。脳の機能が大幅に低下していたとしか思えない事故だ。だから、筆者は、卓球が強くなるために走ることはない。卓球は、経絡気功をするだけで自然に強くなるのだ。

町会長に先の長い話をしても仕方がないので、興味を持っていると思われる進化論的説明をすることにした。

※動体視力が上がると、卓球は強くなりますが、ミスが多くなります。昔、梅澤さんが「あいつらはみんなアホだ」と言ったことがありますが、動体視力が上がるにつれて、自分でも信じられないようなミスをするようになります。それぞれの話の最後に日付を書き、メニューに訂正日を表示しているのは、ミスを訂正するのが避けられないためです。梅澤さんは東大を卒業してはいませんが、僕の分析では、スーパー東大系に入り、5ケタの暗算ができ、小中学校では100点しかとったことがない秀才です。梅澤さんからアホと言われる日が間近に迫っているような気がしている今日この頃です。

2019/9/11