「なぜ、左手首と腰椎の5番に問題があると進化が速いのでしょうか」と町会長。

「左手首と腰椎の5番に問題に問題があると、先ほど話したように、経絡の連鎖により体力と知力の低下が速いので、生まれた子どもに何らかの進化がなければ、子孫がどこかで絶えてしまいます。」

「経絡の連鎖により親の体力や知力が低下すると、親子の経絡の連動性によって、子供の体力や知力が低下するからですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。そして、子供も左手首と腰椎の5番に問題があるので、さらに知力と体力が低下するという悪循環におちいります。それにもかかわらず、人類が存続しているのは、進化のスピードが速いためです。」

「現在の人間は進化のスピードが他の哺乳類より速いのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。特徴的なのは、大脳の進化が速いことです。象は陸上生物最大の脳を持っていると言われていますが、神経細胞の数は人間の半分くらいです。」

「知力が上がれば、環境に対する適応力が上がるためですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。適応力が上がって、人口が増えれば、新型インフルエンザで絶滅に近い状態になり、免疫力が進化していた人が生き残ることになります。」

「人間は、脳の進化が速いだけでなく、免疫力の進化も早いのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。免疫力が進化すると、人口が増え、新型インフルエンザで絶滅に近い状態になります。そのとき生き残った人の中にさらに免疫力は進化していて、例えば、ビタミンCが作れないために長生きはできないが、子供が作れる人がいれば、そういう種族として、長期間絶滅しないで済みます。」

「なるほど。それで、人間はビタミンC欠乏症なのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それで、人間は、機能が上がるという方向と、下がるという相反する方向に進化しているのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。例えば、全ての人間は亜鉛の欠乏症です。ですから、僕は、毎日、亜鉛のサプリを飲んでいます。亜鉛のサプリを飲んでいなければ、脳の機能低下のため、若返りは起こらなかったと思います。」

「亜鉛はそんなに大事なのですか」と町会長。

2019/11/10