「家康が、武田信玄との『三方ヶ原の戦い』で大敗したときに、その場で絵師に書かせたという三方ヶ原戦役画像というのがあります。」

「籠城している家康の浜松城を無視して、信玄が浜松城を通り過ぎたので、家康が作戦を変えて追撃に出たときの話ですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「信玄は無視したふりをしただけだったのですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「武田軍が祝田の坂を下ろうとしているところを後ろから一気に殲滅しようとしたら、信玄は三方ヶ原台地で魚鱗の陣を敷き万全の構えで待ち構えていたのでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「驚いた家康が鶴翼の陣で応戦したが、2時間もしないうちに撃破されて、家康は命からがら浜松城に逃げ帰ったという話ですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。家康は、この敗戦を肝に銘ずるためにその姿を描かせ、慢心の自戒として生涯座右を離さなかったという話を読んだことがあります。『君の碁は分かった』と言われたとき、この話を思い出してしまいました。」

「棋士と言うのは、普通の人間ではないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。このとき、初めて、棋士というのが、どういう人間なのか理解できたような気がしました。」

「なるほど。ところで、武宮正樹本因坊とも日本棋院で打ったのですか」と町会長。

「とんでもありません。自分が弱いことは十分知っていましたから、武宮正樹本因坊と対戦するなどという、だいそれたことは考えたこともありませんでした。」

「それでは、なぜ武宮正樹本因坊と打つことになったのですか」と町会長。

「曲9段に5目で勝ってから、2ヶ月ほど経った頃、先生が今度の日曜日に武宮正樹本因坊をむかえて、碁の会を開くので、出席するようにと言われました。」

「渡辺さんと打たせるために、武宮正樹本因坊をよんだのではないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。日曜日に、時間ぎりぎりに会場に行くと、黒山の人だかりで、本因坊は碁盤の前に着席していましたが、対戦相手がいませんでした。」

「黒山の人だかりで、本因坊が席についているのに対戦相手がいないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。『人がいっぱい来ているな』と思っていると、先生がつかつかと僕のところへ来て『おまえ、打て』と言いました。」

「突然、『おまえ、打て』と言われたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。『5段の人はいっぱいいるのだから、なりたての僕が打たなくても』と思ったのですが、『誰か打つことになっていた人が、急病になったか、ビビってしまって会場に来なかったのかも』と思いました。『僕が打たなければ、ひと揉めすることになるだろうし、それでは本因坊に失礼になるだろう』と思い、『分かりました』と即答しました。」

「なんとも不思議な話ですね」と町会長。

「そうなんですよ。」

「武宮正樹本因坊には、何目で打ったのですか」と町会長。

「先生が5目で打つように言ったような気がします。」

「今度は、5目で負けてしまったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。黒山の人だかりの中で、碁を打ったのが初めてだったので、不覚にもあがってしまいました。」

「なるほど。あがってなければ勝てたのですか」と町会長。

「あがってなくても勝てなかったと確信しています。武宮正樹本因坊の打つ手は、序盤からカミソリのように鋭い、才能にあふれた手で、たちまちのうちに追い込まれ、中盤に差し掛かって間もなく、中央の大石を取られてしまいました。」

「今度は、大石を取られてしまったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。今まで中盤で惨敗したことはなかったので、『こういう時は、「ありません」というのだよね』と思ったのを今でも覚えています。」

「『負けました』ではなく、『ありません』と言ったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。そのとき『ありません』といのは、『もう打つ手がありませんという意味なんだ』と気がついた記憶があります。」

2020/6/22