「今考えると、父も天野先生も6、7級ぐらいのレベルだったと思います。6、7級ぐらいのレベルになると、囲碁の終局が分かるようになるからです。」

「6、7級ぐらいのレベルにならないと、終局が分からないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。終局が分かるようになるには、最後のダメ詰めをする前に、終わりだということが分からなければならないのですが、レベルによって終局だと分かる状態が違うのです。」

「囲碁の終局の状態は、レベルによって違うのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。例えば、有段者と初心者が打っている場合、有段者が、『これで勝ち』と思っていても、初心は勝負がついているのが分からないということは普通です。」

「なるほど。それで渡辺さんは終局が理解できなかったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「その頃、渡辺さんは、どのくらいのレベルだったのですか」と町会長。

「6、7級ぐらいの父に勝ったのだから、5、6級と言うところではなかったかと思います。」

「その後、天野先生と夏休みに碁を打つまでは、碁を打つことはなかったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。元々、碁を打つ家系ではないのだと思います。碁を打ちたいという欲求もなかったので、父に勝てるようになると対局は自然にしなくなりました。」

「夏休みに天野先生と打ったときは、5、6級と言うレベルだったのですか」と町会長。

「多分、もう少し強くなっていたのではないかと思います。」

「どうして、対局もしないで強くなるのですか」と町会長。

「父と対局している間に、囲碁の必勝法に興味を持つようになり、さらに、囲碁の本を読んだからです。」

「どうして、強くなったことが分かったのですか」と町会長。

「父に天野先生に勝ったことを話すと、2、3カ月して、小学校の教頭をしている桧山先生のところに連れて行ってくれました。」

「桧山先生は囲碁が強かったのですか」と町会長。

「桧山先生は2段の免状持ちでした。」

「それで、対局はどうなったのですか」と町会長。

「試しに、僕が先番で打ってみることになったのですが、負けてしまいました。2段は強いと思いましたね。」

「そうしたら、父がレベル判定を頼んでおいたらしく、『初段位ですね』という一言がありました。」

「囲碁は打たなくても、本を読むだけで強くなるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。囲碁好きの人は、本を読む時間があれば、碁を打ちたいのですが、直感的な手を打っていると強くなれないようです。天野先生が、そのいい例です。天野先生も相手の西山先生も毎日宿直室で碁を打っていながら、二人とも6、7級のレベルなのです。」

「理科と数学の先生では、二人とも頭がいいはずですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。囲碁好きの人は、有段者が相手をしてくれて、直感的な手を打つと石が取られてしまうということを体験で学ばないと強くなれないのだと思います。」

2020/6/12