「お友達の5段の人は、兄弟で打っていただけなのですね」と町会長。

「永井の家系は、渡辺家と違って碁を打つ家系なのだと思います。聞いてはいませんが、ご両親が有段者なのだと推定しています。特に、母親が碁を打つのが好きな場合、小学生でプロになった仲邑菫初段のように、小さいときから碁を打つようになるようです。」

「仲邑菫初段のお母さんは、碁を打つのですか」と町会長。

「アマチュアの5段くらいだそうです。仲邑菫初段は、3歳のときからお母さんと9路盤で碁を打っていたようです。」

「碁盤は、普通、19路ですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。実は、9路盤の競技もあって、プロでも9路盤で打つ人がいます。」

「囲碁のプロが9路盤で碁を打つということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「プロがやるくらいだから、9路盤でも勝つのは難しいということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。9路盤の戦略を書いた本が出ているくらいです。」

「仲邑菫初段のお母さんが9路盤で碁を教えたのは、何か理由があるのですか」と町会長。

「お母さんが元囲碁のインストラクターなので、明確な理由があるのだと思います。」

「明確な理由と言いますと?」

「狭い盤面なので、お互いの石が近くにあるため、激しい戦になってしまうのが避けられません。石を取られたくないので、死活を理解できるようになるのが早いのだと思います。」

「詰碁は死活の問題ですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。囲碁のルールに従って、交互に打っていれば、絶対に取られないというパターンがあるのですが、そういうパターンになっている一群の石を生きていると言います。」

「しかし、生きていると思っている石が取られてしまうということがありますよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。囲碁は、ルールはシンプルなのですが、技術が奥深くて、直感的ではないため、実践では、そういうことが一般的ですね。9路盤でやれば、そういう体験が短時間で経験できるので、石の死活を考えるようになるのが早いのだと思います。」

「なるほど。そうなると、詰碁の練習をすることになるわけですか」と町会長。

「ウェブで詰碁について調べたことがありますすが、詰碁は嫌いな人が多いようです。」

「やはり、詰碁が嫌いな人が多いのですか」と町会長。

「日本棋院の院生になった人のブログに、詰碁は初中級のものしかやったことがないと書いてあったので、びっくりしたことがあります。」

「院生になるくらいだから、詰碁は初中級のものしかやったことがなくても、強いということですね」と町会長。

「アマの7段くらいだと書いてありました。」

2020/6/15