「どうして、碁の才能が全くないということに気がついたのですか」と町会長。

「碁の才能がある人は、小さい頃から碁や将棋が好きで、毎日打っているうちに、小学生くらいでアマチュアの5、6段くらいになるようです。」

「渡辺さんは毎日碁を打つということはなかったのですか」と町会長。

「天野先生が春休みに、碁の打ち方を教えてくれて、その日の1局は初勝利に終わったのに、碁を明日も打ってみたいというような気にはなりませんでした。」

「なるほど。それでは碁に向いているとは言えないかもしれませんね。」

「おっしゃる通りです。大学の同級生に、永井というアマチュアの5段格のがいました。永井は兄貴と小さい頃から碁を打っていると言っていました。永井は負けたくないので、時間をかけて考えてから打つのだが、兄貴は俺が打った瞬間に全く考えないで打つというのです。」

「それで、どっちが強いのですか」と町会長。

「どっちが強いかは聞かなかったのですが、碁会所に行くと二人とも5段だと言ってました。」

「なるほど。碁の才能のある人は、毎日遊びで打っているうちに、5段くらいになってしまうのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕の場合、碁を教えてもらったとき興味を引いたのは、将棋と違って終わりが分かりにくいということでした。基本的なルールは最初の日に分かったし、勝ち負けの決め方も分かったのですが、どうなれば終局になるのかということが、なんとなくしか分からなかったのです。」

「将棋は王将を取れば勝ちですが、囲碁には王将がありませんね」と町会長。

「おっしゃる通りです。それで、初心者向けの囲碁の本を買いました。」

「その本を読んだら、どうなれば終局か分かったのですか」と町会長。

「その本には、対局者が二人ともパスをすると終局になると書いてあったのですが、どういう状態になるとパスするのかというのが分かりませんでした。」

「本を読んでも分からなかったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そんな状態のとき、父が折り畳み式の囲碁セットを買って来たのです。」

「それで、実際に囲碁を打つようになったのですね」と町会長。

「週に3局ぐらいのペースで打ったと思います。」

「3カ月くらいで、お父さんに勝てるようになったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。終局が良く分からないので、さらに、囲碁の本を買って読んだので、強くなるのが早かったのだと思います。もう一つ勝てた原因は、父も天野先生も碁が弱かったのです。」

「お父さんは、どのくらいの実力だったのですか」と町会長。」

2020/6/11