「おっしゃる通りです。4月12日のロイターの記事に『ブラジルで97歳の女性が新型コロナから快復、拍手に送られ退院』という写真付きの記事があります。」

「97歳でも助かる人がいるのですか」と町会長。

「4月1日に新型コロナの症状で病院に搬送され、一時は集中治療室で酸素吸入処置を受けていたそうですが、助かっていますね。」

「助かった原因は分かっているのですか」と町会長。

「写真付きのニュースだったので、すぐ分かりました。先ほど、新型コロナから回復した人の画像をみたら、4人中3人の脳に気が流れていたと言いましたが、97歳の女性も脳に気が流れていました。」

「脳に気が流れていれば、97歳でも助かるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、アフリカ人は別かもしれません。」

「アフリカ人は脳に気が流れていても、助からない可能性があるのですか」と町会長。

「新型コロナで亡くなったアフリカ人の生前の状態がわからないので、確信はありません。しかし、進化論的に考えれば、日本人のように脳に気が流れていない人間は、脳に気が流れていなくても、病気にならないように生物学的な進化をしていると考えられます。」

「なるほど。脳に気が流れていなくても、病気にならないように生物学的な進化をしている人間が、頭を打って脳に気が流れるように進化すると、97歳で新型コロナに感染して、重症化しても、助かるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そういう意味では、英作文.netを長年やっている方は、大脳が緩んでいるので、気が流れるところまでは行かなくても、健康状態が良く、新型コロナウイルスで重症化しにくいということは言えます。もし、健康状態が改善していない人がいるとすれば、強い陰の物を持っているとか、ゲーム好きの人とか、写真好きの人だと思います。」

「強い陰の物を持っていないし、ゲーム好きでもないし、写真も持っていない人が、健康状態が良くならない場合、どんなケースが考えられますか」と町会長。

「おそらく、親子の経絡の連動性ですね。」

「両親のどちらかが、怪我をしたり、病気になった場合ですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「なるほど。脳がそこまで健康に関係しているとすると、オーストラリアのグラフは脳と気温の関係から考えるしかないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/5/5