「ところで、日本の感染者発見率はどうなっているのでしょうか」と町会長。

「3月31日が35.1で、4月18日が63.5です。」

「シンガポールと同じように、感染者発見率の値が大きくなっているのですね」と町会長。

「日本は、米国やヨーロッパと違い、感染者を発見するための医療設備や医者の数が限界に達していないということです。」

「日本政府の新型コロナに対する戦略が正しかったということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。日本経済新聞4月6日の記事に『安倍晋三首相は6日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、感染を調べるPCR検査の1日の実施数を現在の倍の2万件に増やすと表明した』というのがあります。」

「なるほど。それで、感染者発見率が63.48に跳ね上がったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。死者数もシンガポールやオーストラアより少ないですかから、高齢者が多い国としては、最善の対策を取っているということになります。」

「クルーズ船が日本に寄港したのは、本当にラッキーでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「渡辺さんの説明で、日本や米国、ヨーロッパ諸国、シンガポールの感染者発見率の変化が何を意味するか分かりました。しかし、オーストラアは3月31日に238.3だったのが、97.4に下がったのに、グラフが終息するかのように見えるということですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。シンガポールは感染者発見率が459.1という徹底的な追跡調査をしているのに、感染者が増加しています。97.4のオーストラリアで新型コロナウイルスの感染が終息するかのように見えるのは不思議です。」

「しかし、オーストラリア政府が、中国や韓国のように、感染データーを操作することはないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。オーストラリア政府の“Isolation guidance”を読むと、不顕性感染者からの感染が考慮されていません。」

「オーストラリアでは、不顕性感染者が増えているということですか」と町会長。

「そうとしか考えられません。4月21日の朝日新聞を読むと、追跡チームというのがあって、感染が確認された人が濃厚接触をした可能性がある人たちに電話して、『14日間、自主的に隔離を』と告げる。隔離期間中にはほぼ毎日、電話をして、体調に変化がないかを尋ねるということはやっているようです。その結果、97.41という日本より高い感染者発見率になってはいるのですが、不顕性感染者が増えているのに気がつかないのだと思います。」

「なぜ、不顕性感染者が増えているのに気がつかないのでしょうか」と町会長。

「日本の追跡調査は、疫学的調査なので、PCR検査をして不顕性感染者についても調べているはずです。しかし、オーストラリアのように電話をかけただけでは、不顕性感染者を発見することはできません。」

「なるほど。それで、感染者発見率が低下しているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、オーストラリアの死者数のグラフを見ると、医療が崩壊しているという状況ではないのに、死者数の増加率が低下しているように見えます。日本の死者数の増加率が上がっているのとは対照的です。」

「オーストラリアの感染者数には、不顕性感染者が抜け落ちている可能性が高いけれど、死者数は信用できるということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「死者数の増加率が低下しているのは、なぜなのでしょうか」と町会長。

2020/5/1