「4月18日のオーストラリアの感染者発見率は、感染者数が256.20、死者数が2.63なので、256.20割る2.63で97.4になります。」

「それはおかしいですね。その値では終息するはずがありませんね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「オーストラリアはデーターの操作はしないということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。キリスト教文化圏の国ですから。」

「その日のシンガポールの感染者発見率は、どのくらいになるのですか」と町会長。

「4月18日のシンガポールの感染者発見率は、感染者数が863.20、死者数が1.88なので、863.20割る1.88で、459.1になります。」

「すごい値ですね。どうして、そんな値になってしまうのですか」と町会長。

「ヨーロッパや米国のグラフを見ると、グラフが丸みを帯びて、感染者の増加が低下しているように見えますが、シンガポールのグラフは直線的に増加しています。」

「どうして、シンガポールのグラフは感染者が直線的に増加しているのですか」と町会長。

「3月31日と4月18日の感染者発見率の変化は、米国51.9→19.0、イギリス15.7→7.5、イタリア8.8→7.6、シンガポール282.8→459.1、オーストラリア238.28→97.4です。」

「米国やヨーロッパ諸国は、感染者発見率が低下していますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。グラフが終息に向かっているように見えるのは、感染者の数が減っているのではなく、感染者を発見するための医療設備や医者の数が限界に達しているということです。残念ながら、ヨーロッパのデーターも信用できません。」

「シンガポールの感染者発見率が459.1なのは、シンガポールが感染者の追跡調査を徹底的にしている結果ということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアには『外国人労働者が建設産業の80%、サービス産業の50%を占めている・・・先進国以外から来た多くの外国人労働者は劣悪な環境を強いられているなど問題も多い』と記載されていて、4月23日のNewsweekには『シンガポール、新型コロナウイルス対策に「穴」 置き去りにされた外国人労働者間で感染拡大』という記事があります。」

「シンガポールには外国人労働者がたくさんいるのですか」と町会長。

「Newsweekによると、密集状態で不衛生な場所に暮らす30万人を超える外国人労働者がいるそうです。」

「なるほど。それでシンガポールは感染者の増加を止めることができないのですか」と町会長。

「そうかもしれませんが、そういう人たちに対しても徹底的な感染者の追跡調査をしているので、感染者発見率が459.1という異常に高い値になるのだと思います。」

「外国人労働者が新型コロナに感染していれば、シンガポール国民が感染する原因になるので、シンガポール国民と同じように追跡調査をするしかないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。シンガポールは、ヨーロパやアメリカと違い、感染者を発見するための医療設備や医者の数が限界に達していないということです。」

2020/4/30