「4月2日のNewsweekには、『米就労者の6割がロックダウン失業1カ月で困窮する──5人に1人は1週間』と言う記事があります。」

「困窮すると言いますと?」と町会長。

「『米人的資源管理協会(SHRM)が4月1日に発表した調査結果によると、就労者の58%が30日も自宅隔離が続けば、家賃や光熱費を払えなくなり、食べる物すら買えなくなるという』と書いてあります。」

「ロックダウンが続くと、食べるものが手に入らなくて、亡くなる人がでてくるかもしれないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。『SHRMの調査では、中小企業が受ける甚大な痛手も浮き彫りにされた。アメリカの中小企業の半数は外出制限がまる1カ月続くと、従業員に給与を払えなくなる』とも書いてあります。」

「なるほど。日本政府は非常事態宣言を発しながら『外出の自粛』の要請にとどめ、企業への『休業』要請に否定的なのは、新型コロナウイルスの感染がいつまで続くか分からないと考えているからですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。中国や韓国のデーターを信じているマスメディアが多いので、政府が最善の対策をしているのに、否定的な記事が多いですね。」

「日本政府が、中国や韓国のデーターを信じて、都市閉鎖に入り、都市閉鎖が1年も続くことになると、Newsweekが描き出す状態になる可能性があるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ヨーロッパの都市閉鎖が長引くようだと、ヨーロッパ経済が崩壊して、餓死者がでる可能性もあります。」

「ところで、札幌医科大学が公開している人口100万人あたりの感染者数・死者数の推移を国別にグラフ化したものをみると、SARS-Cov-2が脳に感染している可能性が高いということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。札幌医科大学が素晴らしいグラフを作ったので、話が脱線してしまいました。脳に感染している可能性が高いことは、シンガポールで、感染者が日本より早く出ていることで推定できます。」

「シンガポールで、感染者が日本より早く出ていると、脳に感染している可能性が高いのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。4月9日のBBC NEWS JAPANに『ユニバーシティ・コレッジ・ロンドンとロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究者チームは、コロナウイルスが主に冬に感染が拡大する証拠を示している・・・その結果、インフルエンザが流行する時期とほぼ同じ冬季に、コロナウイルスも大規模な感染ピークを迎えることがわかった。一方、夏季には感染者は少なかった』という記事を掲載しています。」

「それでは、新型コロナウイルスも、夏になると感染が終息する可能性があるのですか」と町会長。

「気温が高いシンガポールで感染者が日本より早く出ていて、感染者発見率が282.8という徹底した感染者の追跡調査にもかかわらず、感染を終息させることができないので、夏場に感染が拡大する可能性が高いと推定しています。」

「しかし、ユニバーシティ・コレッジ・ロンドンとロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究者チームは『夏季には感染者は少なかった』と言っているのですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。シンガポールで感染を終息させることができないのは、新型コロナウイルスが温度が高いところで感染性が高くなるような、他のコロナウイルスにない変異があるるためだと推定しています。」

「どういう変異があるとお考えなのですか」と町会長。

2020/4/23