「それでは、トランプ大統領が選出された選挙は、ドナルド・トランプを大統領を選出するように計画された選挙だったということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「あの選挙では、ドナルド・トランプが大統領自身が、新聞記事などを操作していたとお考えなのですか」と町会長。

「大統領になる前のドナルド・トランプに、新聞記事を操作したり、NPO法人を自由に使ったりするだけの力があったとは思えません。」

「それでは、米国を支配するユダヤ系アメリカ人の意志だということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。20年以上前からゲーム理論には興味があったのですが、たまたまPRESIDENT onlineの2016年3月14日号に浜田宏一イェール大学名誉教授の『ゲーム理論で楽しく学べる「戦争と平和」』という記事があるのをウェブ検索で見つけました。」

「『ゲーム理論』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアには、『ゲーム理論とは、社会や自然界における複数主体が関わる意思決定の問題や行動の相互依存的状況を数学的なモデルを用いて研究する学問である・・・ゲーム理論の対象はあらゆる戦略的状況。「戦略的状況」とは自分の利得が自分の行動の他、他者の行動にも依存する状況を意味し、経済学で扱う状況の中でも完全競争市場や独占市場を除くほとんどすべてはこれに該当する。さらにこの戦略的状況は経済学だけでなく経営学、政治学、法学、社会学、人類学、心理学、生物学、工学、コンピュータ科学などのさまざまな学問分野にも見られるため、ゲーム理論はこれらにも応用されている』と説明されています。」

「ブラウザゲームで勝つための理論ではなく、経済学や経営学、政治学などが関係した難しい理論なのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。浜田宏一イェール大学名誉教授の記事には、『先日、米国の外交問題評議会に呼ばれたので、「ゲーム理論と外交の関係についてお話ししましょう」と提案したところ、「ゲーム理論という言葉を口にした途端、誰も聞いてくれなくなります」と、瞬時に却下されてしまった』と書いてあるのです。」

「米国では、ゲーム理論を外交問題に使うのはもってのほかと考えているのでしょうか」と町会長。

「浜田宏一イェール大学名誉教授の記事には、『現実社会で活用が進んでいるのは主に経済の分野で、実際に政治に関わる人たちはゲーム理論に理解がない』とも書かれています。」

「それは変ですね。ウィキペディアには、政治学、法学、社会学にも応用されていると書いてあるということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕も変な話だと思いました。おそらく、政治、外交問題に関するゲーム理論の研究には、バイオ兵器の研究と同じで米国国籍を持った人でないと参加できないのだと推測しました。」

「なるほど。」

「Googleが、AIの学習サイトを公開していますが、政治、外交問題などで米国が使っているのは、公開しているものより何世代も進んだものだと推定しています。」

「ゲーム理論はAIが関係しているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。社会や自然界における複数主体が関わる意思決定の問題や行動の相互依存的状況を数学的なモデルを用いて研究する学問なのでコンピューターを使うのが基本になります。例えば、コンピューター同士でポーカーを対戦するとき、どういう戦略を取れば、相手に勝てるかというのはゲーム理論の研究対象になります。」

「なるほど。ゲーム理論はどういう戦略を取れば相手に勝てるかということをコンピューターを使って研究する学問なのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。ですから、どういう戦略を取れば、米国の大統領選挙で勝てるかというのもゲーム理論の研究対象になります。」

「なるほど。ドナルド・トランプが大統領になった選挙でAIを使ったゲーム理論が使われたとお考えなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/7/8