「米国は、感染者数だけ見ると、ヨーロッパ諸国より大変なことになっていますが、6月1日と7月8日の感染者発見数を見ると、米国:17.2→22.8、ドイツ:21.4→21.8、フランス:5.3→5.6、イタリア:7.0→6.9、イギリス:7.1→6.5になっています。」

「なるほど。米国は6月1日には感染者発見率が17.2でドイツより4.2ポイント低かったのが、7月8日には22.8になり、ドイツより1ポイント上がっていますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。米国はフランス、イタリア、イギリスのような医療崩壊は起こしていません。」

「他のヨーロッパ諸国は、ドイツより思いっきり低いですが、同じ医療文化圏なのに、なぜ、このような大きな差が出てしまうのですか」と町会長。

「僕もその点については、どうしてなのかと考え続けてきたのですが、なにしろ小脳の機能低下がひどいので、町会長が納得するように説明出来ないかもしれません。」

「やっぱり、小脳の経絡的な機能低下がひどいのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。詰碁の有段者問題は卒業したので、高段者問題を毎日100問連続正解するように頑張っているのですが、小脳の機能はわずかずつしか上がりません。」

「高段者問題だと1日100問しか連続正解できないので、小脳の機能がわずかしか上がらないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ところで、何がそんなに難しいのですか」と町会長。

「米国の感染者発見率とドイツの感染者発見率を比べると、数値が近いので、両国ともユダヤ系が経済を支配しているのが原因なのかと思われるのですが・・・」

「先ほど。イギリス以外のヨーロッパ諸国はスーパーマーケットで陽の食品を売っているので、ユダヤ系が支配していると言いませんでしたか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、感染者発見率が5.6のフランスでも、スーパーマーケットで売っているのは陽の食品なのですね」と町会長。

「そうなんですよ。」

「それでは、フランスもユダヤ系が支配しているということですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、『ユダヤ系が支配しているから米国とドイツの感染者発見率が高い』とは言えないのではないですか」と町会長。

「そうなんですよ。」

「なぜ、ユダヤ系が支配していると感染者発見率が高くなるのですか」と町会長。

「ユダヤ系は商人系なので、肺が弱いためです。」

「なるほど。それで新型コロナウイルスを恐れて、米国はワクチンまで研究しているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ドイツもドイツ系ユダヤ人が経済を支配しているので、米国のようにワクチンまで研究しているということですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「イギリスは、ロスチャイルドが力を失ってしまったから、スーパーマーケットの食品は陰になり、感染者発見率は6.5に落ちてしまっているということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「しかし、フランスの5.6とイタリア6.9が説明できないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ユダヤ系が支配していないと推定されるイギリスと感染者発見率が、なぜ同レベルなのか分からないということですね」と町会長。

「そうなんですよ。一応、『ドイツ系ユダヤ人はEUにおける生産と販売は支配しているが、ドイツ以外の国に対する政治的な影響力がない』という仮説は考えているのですが、ヨーロッパは国によって言葉が違うので、残念ながら情報不足のためお手上げ状態です。」

「ヨーロッパは国によって言葉が違うというのが、ドイツ系ユダヤ人がフランスやイタリアに政治的な影響力がない原因ではありませんか」と町会長。

「そうかもしれません。昔から知られているのは、ヨーロッパの国は隣国が嫌いということです。」

「それはヨーロッパでなくても、よくあることですが、重要な原因になるのではありませんか」と町会長。

「多分そういうことだと思っていますが、十分な状況証拠が見つけられないので、確信が持てません。」

「なるほど。」

2020/7/15