「仮に、トランプ大統領が選出された選挙では3世代も進んだAIと、秘密裏に研究されている最先端のゲーム理論が使われたことが事実だとした場合、なぜトランプ大統領はアメリカ史上で最悪な大統領と言われるようなことをするのでしょうか」と町会長。

「トランプ大統領は陰陽が分かる天才です。中国と経済戦争を戦うには、どういう性格の大統領がベストかということを、最先端のゲーム理論を駆使して、未公開のAIに計算させ、その計算結果を演技していると推定しています。」

「それは驚きですね。トランプ大統領はスキャンダルまみれですが、あれもAIで計算済みということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。あそこまでやれば、中国の政府もトランプ大統領は何をするか分からないと考えるでしょう。」

「なるほど。中国もトランプ大統領が何をするか分からないので、トランプ大統領を刺激するようなことは、うかつにできないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「スキャンダルまみれですが、不思議なことに致命的なスキャンダルはありませんね。考えてみれば、女性とのスキャンダルは、まだまだ若いという好印象を米国民に与えているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「人種差別的なことを平気で言うのは、有権者の圧倒的な多数を占める白人に、政治家としては珍しいほど正直な奴だという好印象を与えているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「すべて計算しつくされているということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ということは、米国は中国との経済戦争を何年も前から考えていたということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そうすると、米国がWHOや気候変動に関するパリ協定を脱退したのも、トランプ大統領の演技ということですか」と町会長。

「演技という側面はあると思いますが、それよりは、全てを犠牲にしても中国との経済戦争に勝つという米国の考えが表に出ててしまったのだと推測しています。」

「全てを犠牲にしてもと言いますと?」と町会長。

「例えば、世界恐慌になると分かっていたとしても、中国の経済的なダメージが米国のダメージより決定的に大きいというAIの計算結果になれば、やるということです。」

「米国がやろうとしているのは、中国を完全にたたき伏せるための経済戦争なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。その結果、WHOのようなものは意味をなさなくなると考えているので、簡単に脱退するのだと推定しています。しかし、パリ協定を脱退したのは、未公開のAIが『次の氷期が間近に迫っている』という計算結果を出したためと推定しています。」

「しかし、米国は『次の氷期が間近に迫っている』いう発表はしていませんよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。米国が発表しないのは、中国に経済的打撃を与えるためだと推定しています。」

「驚くべき話ですね。もしかして、中国は、米国の経済を崩壊させるためにSARS-CoV2を作ったということになるのですか」と町会長。

2020/7/10