「ところで、『日射変化に対して気候システムが応答し』とは、どういう意味なのですか」と町会長。

「ウィキペディアの『気候』には、『地球上では、大気・海洋・陸とそこにまたがって存在する生物が、一体となって気候を生み出している。これは、各要素の相互の関係によってできた、いわばシステムのようなもので、これを気候系と呼んでいる』と書かれています。」

「大気や海洋や陸や生物が季候を生み出すメカニズムのことを気候システムと言っているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、『日射変化』というのは、朝、昼、夕方の日射の変化のことではないのですか」と町会長。

「基本的には、おっしゃる通りなのですが、ここではミランコビッチ・サイクルのことを指しています。」

「『ミランコビッチ・サイクル』と言いますと」と町会長。

「ウィキペディアの『ミランコビッチ・サイクル』には、『地球の公転軌道の離心率の周期的変化、自転軸の傾きの周期的変化、自転軸の歳差運動という3つの要因により、日射量が変動する周期である』と説明されています。」

「『離心率』というのは、数学で、昔、勉強したような気がするのですが」と町会長。

「おっしゃる通りです。放物線や楕円、双曲線などを勉強するときに出てきます。離心率が0なら円になり、0と1の間なら楕円になり、1ならば放物線になり、1より大きければ、双曲線になります。」

「なるほど。地球の公転軌道は楕円なので、離心率は0と1の間になるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。公転軌道は10万年周期で楕円になったり完全な円に近づいたりするそうです。」

「氷期と間氷期も10万年周期ですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアの『ミランコビッチ・サイクル』には、『地球は太陽を焦点の一つとする楕円軌道上を公転しているが(ケプラーの第一法則)、その楕円の形状は常に一定ではなく、約10万年をかけて横に伸びた楕円が円に近い楕円となり、そしてまた横に伸びた楕円となっている。楕円が最も伸びた形になる時と楕円が最も円に近い形になる時とでは太陽と地球との距離は最大で1827万kmも変わる。この差が太陽からの光量に影響を与え、結果として地球の気候にも影響を与えることになる。現在の氷期サイクルの周期は約10万年であり、離心率の変動周期と一致している。しかし、それらを関係づけるメカニズムについては完全に理解されていない』と説明されています。」

「なるほど。東京大学大気海洋研究所の研究では、『最新の氷床-気候モデルを用いたシミュ レーションの結果、氷期-間氷期が10万年周期で交代する大きな気候変動は、日射変化に対して気候システムが応答し、大気ー氷床ー地殻の相互作用によりもたらされたものであると突き止めた』ということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

[でも、ウィキペディアには『それらを関係づけるメカニズムについては完全に理解されていない』と書いてあるのですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、ウィキペディアが間違っているのですか、それとも、気候モデルを用いたシミュレーションが間違っているのですか」と町会長。

「2007年の『地学雑誌 Journal of Geography』に、『Nature』に掲載された論文を書いた安倍教授が共同執筆している『第四紀の氷期サイクルと日射量変動』という論文が載っているのですが、その論文に、その辺の事情が書いてあります。」

「安倍教授は、氷期-間氷期が10万年周期で交代するという現象を長年にわたって研究しているのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。『Nature』に論文が掲載されただけではなく、色々な賞を受賞しているので、『氷期-間氷期が10万年周期で交代するという現象に関する研究』では、日本のトップのようです。論文も海外の一流の研究者と同じように、文系の人が読んでもある程度理解できるように書いています。」

2020/7/21